「だからこそ、攻撃にリズムが生まれた」香川真司が考える大量4ゴールの要因

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月13日

「このベースを忘れずに、次の試合に向けて準備をしていきたい」

1ゴール2アシストを記録した香川。チームの攻撃を牽引した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本4-2パラグアイ/6月12日/チボリ・シュタディオン
 
 6月12日、国際親善試合の日本代表対パラグアイ代表が行なわれ、日本が4-2で快勝した。
 
 日本はワールドカップ前の最後のテストマッチで4ゴールを奪ったが、その大量得点の立役者になったひとりが香川だ。まず51分、タイミングの良いパスで乾の同点弾を演出すると、63分にも技ありのフリックで再び乾のゴールをアシストした。
 
 その後、両チームに1得点ずつ生まれ、最後は試合終盤に香川も自らネットを揺らし、逆転勝利を収めた。試合後、日本の10番が喜びを口にした。
 
「90分通して、チームとしてやり続けていこうというのはあった。その成果として、しっかり逆転できた。非常に自信になったと思う」
 チームの勝利だけでなく、トップ下で3ゴールに絡み、個人としても結果を残した香川は、攻撃を牽引できた要因を次のように語った。
 
「後半はチームとしてギアを上げて、なおかつ守備の局面においてもアグレッシブにやり続けられた。だからこそ、攻撃にリズムが生まれた。みんながチームとして前向きに、重心を前にして守備に行けていた。それをチームとしてやり続けたから、良い守備ができた。このベースを忘れずに、次の試合に向けて準備をしていきたい」
 
 良い守備から攻撃にリズムを生み出したチームの出来に、香川は確かな手応えを感じたようだ。自身の得点に関しても「その前に数多くのチャンスを外していたので」と反省しつつ、相手をドリブルでかわして奪ったゴールに「しっかりあのイメージを持てたことは自信になる」と言う。
 
 昨年10月のハイチ戦以来の得点を挙げた香川は「あくまでも次が本当にやらなくてはいけない戦い。ああいう舞台でしっかり出せるように、準備していきたい」と本大会初戦のコロンビア戦(19日)を見据える。ワールドカップの舞台でも、背番号10のゴールが期待できそうだ。

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

【PHOTO】ゼーフェルトのケーブルカーに乗って万年雪に触れてきた

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ