【日本代表 23人枠のドラマ】カズ、小野伸二、中村俊輔…W杯過去5大会の"明と暗"を振り返る

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年05月31日

「魂みたいなものは向こうに置いてきた」落選後のコメントは印象深い

 本日31日のロシア・ワールドカップのメンバー発表で、サプライズ選出&落選はあるのか!? 過去5大会の選考のドラマを明と暗に分けて振り返る。

―――◆―――◆―――◆―――
 
【1998 フランスW杯】
明/小野伸二 暗/三浦知良
「外れるのはカズ、三浦カズ」。岡田監督の言葉に耳を疑った人も多かったのではないか。日本が初のワールドカップに参戦した1998年には、〝キング・カズ〞が落選するドラマがあった。「魂みたいなものは向こうに置いてきた」。落選後のコメントは印象深い。代わりに11番を託されたのは当時18歳の小野だった。
 
【2002 日韓W杯】
明/中山雅史 暗/中村俊輔
 べスト16進出に日本中が沸いた2002年大会で涙を飲んだのは、中村だ。非情な宣告を受けた男は多くの報道陣の前で「いつかワールドカップに出れなかったことが良かったと思えるぐらい上手くなる」と決意。その後の飛躍へとつなげた。なお、サプライズ招集を受けたのはベテランの中山と秋田だった。
 
【2006 ドイツW杯】
明/巻誠一郎 暗/久保竜彦
 メンバー発表会見で記者たちからどよめきが起きたのが、ジーコ監督がリストの最後に「マキ」と読み上げた瞬間だった。一方、エース格の久保は怪我の影響もあり落選。5人目のFWとなった巻はグループリーグのブラジル戦に先発したが、ゴールを奪えず、日本は1-4で試合に敗れた。
 
【2010 南アフリカW杯】
明/川口能活 暗/小笠原満男
 直前のテストマッチで結果を残せず、 批判に晒された岡田監督から、「第3GK」としてまとめ役を任されたのが、川口だった。結果的に一致団結した岡田ジャパンは本大会でベスト16に進出した。一方、リーグ戦で好パフォーマンスを見せていた小笠原らは無念の落選となった。
 
【2014 ブラジルW杯】
明/大久保嘉人 暗/中村憲剛
 ほぼ順当な選考を行なったザッケローニ監督が唯一、サプライズを提供したのが、大久保の選出だった。前年のJリーグ得点王は、代表から遠ざかって久しかったが、世論の強力な後押しもあり、土壇場でブラジル行きを勝ち取った。翻って大久保との〝セット起用〞が期待された中村は落選という結末を迎えた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ