「カンプ・ノウにもさよならを」イニエスタが深夜1時に愛する本拠地に別れ

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月21日

エモーショナルなセレモニー後に…。

裸足でピッチを歩き、カンプ・ノウでの最後のひと時を楽しんだイニエスタ。 (C) Getty Images

画像を見る

 愛するバルセロナでのラストマッチを終えたアンドレス・イニエスタは、本拠地カンプ・ノウとの別れを惜しんでいたようだ。

 現地時間5月20日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ最終節でレアル・ソシエダと対戦したバルサは1-0で勝利。試合後には今シーズン限りでの退団を表明していたイニエスタを労うセレモニーが行なわれていた。

 約9万人のファンと歴戦を潜り抜けてきたチームメイトたちから盛大に送り出されたイニエスタは、「素晴らしい22年間でした。僕にとって(バルサは)世界一のチームです。チームのみんなありがとう。ファンのみんな、いままでたくさんの愛を注いでくれてありがとう」と涙ながらにスピーチした。
 

 そんなエモーショナルなセレモニーの後、観客がいなくなり、もぬけの殻となった午前1時のカンプ・ノウにイニエスタは一人残って、トップチーム昇格以来16年にも及ぶバルサでのキャリアに想いを馳せていたようだ。複数のスペイン・メディアが報じている。

 万感の思いがあったのか、裸足で現われたイニエスタは、センターサークル付近に腰を下ろすと、観客席を眺めたり、自身のスマートフォンで写真を取ったりと、慣れ親しんだカンプ・ノウとの現役最後の時を噛みしめていた。スペイン紙『AS』は、「イニエスタはバルサでのラストマッチの後、カンプ・ノウだけにさよならを告げたかったのだ」と推測している。

 下部組織からバルサ一筋を貫き、数多くのタイトルを手にしてきたイニエスタ。そんな愛するクラブに別れを告げたスペイン代表MFは、次なる活躍の場をどこに移すのか。噂通りにヴィッセル神戸に入団するのか、それとも――。
 
【関連記事】
恐るべしイニエスタの影響力! 「彼のためなら…」 代表監督とスポンサーが躊躇なく日程を変更
「いずれまたバルサが君を必要とする時が来る」 恩師ペップがイニエスタに送ったメッセージ
【神戸】それでも大物助っ人重視か…ここ2戦3発のFW渡邉千真が示した見解は?
【セルジオ越後】結局、ハリルの見立ては正しかった?“西野シェフ”の腕の見せどころだ
【完全網羅】 顔写真&寸評付き! ロシアW杯出場32か国の最終エントリー23人「選手名鑑」を一挙公開!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ