首位広島がJ1初参戦の好調・長崎を一蹴! 先制弾のティーラシンが今季3得点目!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月28日

前半は攻めあぐむも後半に立て続けにゴール。

4試合ぶりのゴールを奪ったティーラシン。貴重な先制ゴールとなった。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは4月28日、11節の8試合を開催。トランスコスモススタジアム長崎では、V・ファーレン長崎対サンフレッチェ広島の一戦が行なわれ、広島が2対0で勝利を収めた。

 試合は、立ち上がりから首位の広島が押し込む展開に。前線のパトリック、渡大生、柴崎晃誠らを軸に、自在なパスワークと裏への抜け出しを組み合わせた攻撃で長崎を翻弄。攻守の切り替えでも上回り、長崎に付け入る隙を与えない。

 前半は決め手を欠きスコアレスで折り返したものの、後半に入り一気に広島が試合を動かす。52分、広島は右サイドを起点に長崎の守備組織を崩し、和田拓也からのグラウンダーのクロスを途中出場のティーラシンが右足で合わせ、ゴールネットを揺らす。広島がティーラシンの今季3得点目で先制に成功する。

 さらに広島は7分後の59分、柴崎からの左CKに佐々木翔がニアサイドへ飛び込み、頭で合わせる。シュートはゴールの逆サイドへと吸い込まれた。広島が2対0とりーどを広げた。

 広島はその後も危なげない試合運びでゲームを締め、2対0で長崎を下した。広島は勝点を28に伸ばし、依然として2位に勝点6差以上をつけての首位を確定させた。一方の長崎は同14にとどまり、連勝は4でストップした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ