“地獄の方程式”にハマった広島。攻めようとすればするほど…

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年04月26日

真価が問われるのは次節の長崎戦だろう

キャプテンの青山(6番)もこの日はゲームを上手くコントロールできなかった。写真:田中研治

画像を見る

[J1・10]FC東京3-1広島/4月25日/味スタ
 
 開幕9試合負けなしとは思えないほど、この日の広島は低調だった。痛恨だったのはやはり、開始3分に与えたPKだ。それも、左SBを任された佐々木翔の明らかなファウルから……。アウェーでいきなり失点したことがチームの歯車が狂ったそもそもの原因だった。事実、城福浩監督は次のようなコメントを残している。
 
「どういうエリアでビルドアップしようというのが最初の失点から少し乱れてしまった」
 
 その乱れをつかれて、中央のエリアでのボールロストからディエゴ・オリヴェイラに持ち込まれ、最後は永井謙佑に決められてしまったのが前半9分のゴールだ。
 
 0-2となってからはどうにか盛り返そうと、ボールを奪いに行くアクションが必然的に増えたが、これがハマらなかったのが“第2の敗因”だ。
 
むしろ見せつけられたのはFC東京の球際の強さ。大森晃太郎、橋本拳人、髙萩洋次郎、東慶悟の激しいプレッシング、当たりに対抗できず、奪われたボールを速攻につながられてしまう。チャンスを作るどころか、ピンチにさらされる悪循環にハマってしまったのだ。
 
 0-2から追いつこうという焦りが、広島にはあったのかもしれない。後半に入ると前半以上に前掛かりになって攻めようとしたが、それがかえってスペースを与えてしまうことになり、結果的に墓穴を掘った印象だ。

 攻めようとすればするほど、ボールをカットされた後にFC東京の速攻の餌食になるという“地獄の方程式”に陥った挙句、51分には文字通りのファストブレイク(速攻)からディエゴ・オリヴェイラにゴールを許してしまった。
 
 城福監督が「3点取られたら厳しい」と言うとおり、この時点でもはや勝敗は決していた。頼みのパトリックはタイトなマークで封じられ、これといった攻め手はなかった。途中出場の稲垣祥が60分に1点を返し、その後押し込む時間帯もあったが、結果は1-3。PKの失点で狂った歯車は最後まで元に戻らなかったのだ。
 
 これで、今季J1で初黒星の広島。真価が問われるのは次節の長崎戦だろう。J2からの昇格組にも敗れるようだと……。一転して、厳しい未来が待っているはずだ。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ