【FC東京】衝撃の2G1A。広島戦のD・オリヴェイラはまさに“天下無双”だった

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年04月26日

相手からすればたまったものではない

広島戦で2ゴール・1アシストと大活躍したD・オリヴェイラ(左)。写真:田中研治

画像を見る

[J1・10]FC東京3-1広島/4月25日/味スタ
 
 3-0から1点を返され、試合終盤に押し込まれたとはいえ、FC東京の完勝だった。立ち上がりの5分にPKで先制し、その4分後に追加点。2-0のまま前半を終えると、51分に3点目と理想的な展開でリードを広げた青赤軍団の強さばかりが目立ったと言っても過言ではなかった。
 
 なかでも素晴らしかったのが、全3得点に絡んだディエゴ・オリヴェイラだ。前半3分にPKを獲得すると、それを冷静に蹴り込み、同9分にはエリア内で絶妙な横パスから永井謙佑のゴールをアシスト。さらに51分には髙萩洋次郎のパスからドリブルで持ち込み、最後は右足で左のサイドネットに突き刺した活躍だけでなく、その他の局面でもフィジカルの強さ、テクニック、スピードを見せつけた。
 
 FC東京の長谷川健太監督が「オールマイティ」と評価したように、敵のセットプレーでは打点の高いヘッドでクリアするなど、まさに“無双”だった。
 
 とにかく、このところのD・オリヴェイラは絶好調で、ボールを持てば何かしらやってくれそうな雰囲気がある。なにより敵DFとの間合いの取り方が絶妙で、そこからドリブル、パス、シュートとバリエーション豊かなプレーで攻撃に絶妙なアクセントを加えるのだから、相手からすればたまったものではない。
 
 この日の広島がD・オリヴェイラを捕まえきれなかったのも、そのプレーの豊富さゆえだ。GK林卓人と1対1になった前半9分の場面で「コースがなかったから」とシュートに行かずパスへ切り替えるなど判断力も秀逸で、さらに言えば前線からのプレスも効いていた。
 
 攻めて良し、守って良し。ハットトリックを決められるシーンで外したのは勿体なかったが、それでもスーパーなパフォーマンスだったことに変わりはないだろう。
 
 広島戦の完勝劇を見て、多くのファン・サポーターも思ったに違いない。天下無双のディエゴがFC東京をリーグの頂点に導いてくれる、と。試合後の「ディエゴ・コール」がなにより期待の大きさを物語っていた。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ