公式戦無敗でバトンタッチ!浦和を立て直した大槻毅暫定監督のラストメッセージは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月21日

「埼玉スタジアムで勝点3を取れないことは非常に悔しい」

大槻暫定監督の就任後、浦和は公式戦で4勝2分け。見事にチームを立て直した。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ9節]浦和0-0札幌/4月21日/埼玉

 今節の札幌戦を最後にオズワルド・オリヴェイラ新監督にバトンを渡す大槻毅暫定監督が、フラッシュインタビューでスコアレスドローに終わった試合を振り返った。
 
「勝点3を取らせてあげることができなくて、非常に申し訳ないと思っています。選手は良くやってくれたし、トレーニングから積み上げてきたものを表現してくれた。勝点をあとふたつ上積みできたという気持ちが強いです」
 
 ホームでの引き分けをそう悔やんだ後、続けたのが次の言葉だ。
 
「埼玉スタジアムで勝点3を取れないことは非常に悔しい。次の、これからの試合でそういうところがみんなのパワーになってくれればいい。次につなげていってほしいと思っています」
 
 大槻暫定監督は、堀孝史前監督の解任を受けて4月2日に就任。以降、ルヴァンカップを含めた公式戦で4勝2分け(リーグ戦は3勝1分け)と無敗でチームを立て直した。その功績に、試合後のスタンドからは大きな拍手が降り注いだが、本人は勝利を届けられなかった無念さのほうが強かったようだ。
 
「浦和で仕事をさせてもらうことは誇りに思っている。今回トップチームの仕事をやらせていただいたのは名誉なこと。クラブに感謝している」とインタビューを締めくくった指揮官の浦和に対する想いは、これからも変わらない。陰に日向にクラブを支えていってくれることだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ