公式戦無敗でバトンタッチ!浦和を立て直した大槻毅暫定監督のラストメッセージは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月21日

「埼玉スタジアムで勝点3を取れないことは非常に悔しい」

大槻暫定監督の就任後、浦和は公式戦で4勝2分け。見事にチームを立て直した。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ9節]浦和0-0札幌/4月21日/埼玉

 今節の札幌戦を最後にオズワルド・オリヴェイラ新監督にバトンを渡す大槻毅暫定監督が、フラッシュインタビューでスコアレスドローに終わった試合を振り返った。
 
「勝点3を取らせてあげることができなくて、非常に申し訳ないと思っています。選手は良くやってくれたし、トレーニングから積み上げてきたものを表現してくれた。勝点をあとふたつ上積みできたという気持ちが強いです」
 
 ホームでの引き分けをそう悔やんだ後、続けたのが次の言葉だ。
 
「埼玉スタジアムで勝点3を取れないことは非常に悔しい。次の、これからの試合でそういうところがみんなのパワーになってくれればいい。次につなげていってほしいと思っています」
 
 大槻暫定監督は、堀孝史前監督の解任を受けて4月2日に就任。以降、ルヴァンカップを含めた公式戦で4勝2分け(リーグ戦は3勝1分け)と無敗でチームを立て直した。その功績に、試合後のスタンドからは大きな拍手が降り注いだが、本人は勝利を届けられなかった無念さのほうが強かったようだ。
 
「浦和で仕事をさせてもらうことは誇りに思っている。今回トップチームの仕事をやらせていただいたのは名誉なこと。クラブに感謝している」とインタビューを締めくくった指揮官の浦和に対する想いは、これからも変わらない。陰に日向にクラブを支えていってくれることだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ