• トップ
  • ニュース一覧
  • 衝撃の45分!助っ人FWが54秒で2得点、前半だけで7ゴールが生まれた神奈川ダービーの結末は…

衝撃の45分!助っ人FWが54秒で2得点、前半だけで7ゴールが生まれた神奈川ダービーの結末は…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月21日

横浜のウーゴ・ヴィエイラが前半だけで3発!しかもその内容が…

今季はここまで4得点を決めていたウーゴ・ヴィエイラ(7番)。湘南戦の活躍で得点ランクトップも射程圏内だ!(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 前半だけで両チーム合わせて7ゴールが飛び出した乱打戦は、4対4のドローという結果に終わった。

 J1リーグ9節、横浜対湘南の神奈川ダービーは前半から互いの攻撃力が真っ向からぶつかり合い、開始8分にはアウェーの湘南がオウンゴールで先制した。

 その後は膠着状態となるが、27分に横浜のウーゴ・ヴィエイラが同点弾を決めると、一気に試合は打ち合いに。直後の28分には菊地俊介が相手GK飯倉大樹がペナルティエリア外に飛び出した隙を見逃さず、勝ち越し弾を鮮やかに流し込んだ。
 そして、凄まじかったのは前半終了間際の40分以降だ。41分に湘南のアレン・ステバノヴィッチが相手DFの背後に抜け出し、冷静に追加点をゲット。これで3対1とするが、横浜はそのゴール後にウーゴ・ヴィエイラが衝撃をもたらす。

 43分3秒にコントロールショットでネットを揺らすと、その54秒後の43分57秒にはハットトリックとなる同点弾を決めたのだ。記録上は44分に2ゴール。前代未聞の同時間に同じ選手が2得点を決めるという快挙で横浜が試合を振り出しに戻した。

 しかし、前半アディショナルタイムにアレン・ステバノヴィッチが再び得点。湘南が4対3で1点リードを奪い、驚くべき展開の前半は衝撃のスコアでハーフタイムを迎える格好となった。

 迎えた後半。前半の展開がまるで嘘のように試合は落ち着きを取り戻す。生まれたゴールは57分に生まれた横浜・ミロシュ・テゲネグの同点弾のみで、終わってみれば4対4のドロー決着で幕を閉じた。
【関連記事】
「みんな最高の笑顔!」なでしこJの2枚看板、岩渕真奈&長谷川唯が優勝決定直後のレアショットを公開!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
ワールドクラスの美女揃い! W杯出場選手の「美人パートナー」たちは必見だ!
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ