【J1展望】清水×FC東京| “長谷川ダービー”は激闘の予感? ゴール前の攻防が見どころに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月20日

清水――浦和戦では良い形が再三見られた

故障者/清水=鎌田、六平、ウー・シャオゴン、清水、フレイレ FC東京=内田
出場停止/清水=なし FC東京=なし

画像を見る

J1リーグ9節
清水エスパルス - FC東京
4月21日(土)/13:00/IAIスタジアム日本平


清水エスパルス
今季成績(8節終了時):12位 勝点9 2勝2分3敗 9得点・8失点

【最新チーム事情】
●浦和戦でじつにリーグ4試合ぶりの得点を挙げた。
●直近のルヴァンカップからはスタメンをほぼ総入れ替えに。
●浦和戦での反省からクロス対応の修正にも力を入れる。
 
【担当記者の視点】
 前節の浦和戦では、じつにリーグ4試合ぶりのゴールを奪った。サイドからのクロスボールにクリスランが頭で落とし、そのこぼれ球を金子が押し込んだものだったが、チームとして狙い通りの得点だった。

 浦和戦の後半は主導権を握ることにも成功しており、攻撃面は良化の兆しが見え始めている。ただ一方で、興梠には両サイドのクロスから2発を叩き込まれており、堅守をベースにしてきたチームらしからぬ面も。今週は、クロス対応の守備にも時間を割いて取り組んできた。

 相手は、クラブのレジェンドで、元指揮官でもある長谷川監督が率いるFC東京。破壊力のある攻撃を売りに上位に顔を出しているチームだけに、守備の修正の成果を発揮しつつ、前線のさらなる奮起を期待したいところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ