久保、中村らと同世代、神戸の17歳CB小林がJ1デビュー戦後に覗かせた意地「これ以上悪いパフォーマンスは…」

カテゴリ:Jリーグ

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2018年04月16日

「交代は妥当だと思います。自分のパフォーマンスが悪かったので」

横浜戦でJ1デビューを果たした神戸の小林(40番)だが、前半のみで交代を告げらてた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ8節]横浜1-2神戸/4月15日/日産ス

 横浜とのアウェー戦に臨む神戸のスターティングメンバ―に、17歳の現役高校生の名が記されていた。

 小林友希。この春、高校3年生になったばかりの2種登録選手で、神戸U-18では押しも押されもせぬディフェンスリーダーである。183センチ・73キロの恵まれた体格を利した対人守備、精度の高いフィードに定評があり、中村敬斗(G大阪)、久保建英(FC東京)、菅原由勢(名古屋)らとともに昨年のU-17ワールドカップにも出場した世代屈指の好タレントだ。

 ひと足早くプロデビューを飾った4月4日のルヴァンカップ(対湘南戦)では、本職のCBではなくアンカーでプレー。その試合で小林は、吉田孝行監督から「抜群の展開力を見せてくれた」との評価を受け、この日のJ1デビューへと漕ぎ着けた。

 横浜戦では三田啓貴と2ボランチを形成し「ボールを受けたらシンプルに捌いてテンポを作れればいいかなと。守備では前から奪いに行く戦術だったのでボランチも連動して高い位置から奪ってカウンターにつなげたい」とのイメージを持っていたという。

 しかし、序盤から横浜に試合の主導権を握られるなか、中盤で相手の圧力をかわし切れずミスを連発。味方からパスを受けても、マッチアップしたダビド・バブンスキーや天野純にボールをさらわれ、ピンチを招くシーンが散見された。
 結局、小林は前半のみで途中交代。指揮官の判断に対しては、素直にこう受け止めた。

「交代は妥当だと思います。自分のパフォーマンスが悪かったので。攻撃ではミスが多かったし守備でもボールを奪えていなかった」

 すでにルヴァンカップを経験していたとはいえ、普段は神戸U-18の一員として戦っている選手である。プロの基準に戸惑うのも無理はない。

「(本職の)CBとボランチでは景色が違うので同じことが言えるのかは分かりませんが、プレッシャーが速かった。それはユースとプロでは違いがあると思う。球際にしてもユースよりも強いと感じましたね」

 ただ、小林はこうも言う。「これ以上悪いパフォーマンスはそうそう出ないと思うので、ここから課題を改善して良くしていきたいです」

 45分間のみで交代を余儀なくされた後とあって、その表情にはさすがに落胆が滲み出た。しかし、『これ以上悪いパフォーマンスはそうそう出ない』という言葉には、小林なりの意地が透けて見える。

 「こんなもんじゃない。もっとできる」――。17歳で同じく今季J1デビューした中村や菅原に負けじと、トップチームでのアピールも果敢に狙っていくつもりだ。


取材・文●橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24