【磐田】加入後初アシスト!輝きを放ったギレルメが懸念の左サイドを活性化させる

カテゴリ:Jリーグ

梶山大輔(サッカーダイジェスト)

2018年04月16日

「彼らの喜びようが一番嬉しかった」

迫力のある仕掛けでチャンスを作ったギレルメ。終盤でも運動量は落ちなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ8節]磐田1-0鳥栖/4月15日/ヤマハ
 
 ここ2試合得点を奪えず、勝利から見放されていた磐田が鳥栖を1-0で下し、今季3勝目を挙げた。
 
 歓喜の瞬間は57分に訪れた。左サイドを勢いよく駆け上がったギレルメが、マイナスのパスをペナルティエリア内に送る。これに合わせたのは松浦拓弥。右足で叩いたボールは鳥栖のGK権田修一の手を弾き、ネットを揺らした。
 
 絶妙なグラウンダーのクロスで、決勝弾をお膳立てしたギレルメは、その決断に至った背景を明かしてくれた。
 
「変化をもたらすという意味で、ああいうクロスは有効だったと思う。最近は浮くようなボールのクロスを上げていたが、なかなか上手く行っていなかったし、噛み合う部分と噛み合わない部分があった。変化が必要だと考えて、いつもと違うクロスを上げた」
 
 磐田に加入後、待望の初アシスト。もちろん、喜びがこみ上げた。
 
「加入した当初はクロスに非常にてこずった。それでも、チームメイトは我慢強く毎日声を掛けてくれて、嬉しく思っていた。(ゴール後の)彼らの喜びようが一番嬉しかった」
 
 出場7試合目でようやく本領を発揮したギレルメだが、期待値の高さを考えれば、まだまだ満足はできないだろう。本人が分析しているように、「浮き球のクロス」がピタリと合うシーンはさほど多くないからだ。
 
 しかし、その課題を補って余るほど、ドリブル突破は迫力満点だ。同じくゴリゴリとしたドリブルを武器とする左シャドーのアダイウトンが長期離脱している今、単独突破で崩せるタレントはギレルメしかいない。
 
 アダイウトン不在のダメージが大きく、攻撃が手詰まりになるシーンが散見される磐田にとって、ギレルメのパフォーマンスが向上しているのはポジティブな要素。即戦力として期待されてきた29歳のブラジル人がさらに決定的な仕事を連発すれば――。リーグワーストの総得点(5点)とともに、順位も上昇するはずだ。
 
取材・文●梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ