連勝対決はC大阪に軍配!連係ミスを見逃さずに高木俊幸が値千金の決勝弾

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月14日

したたかに勝利し、リーグ戦4連勝!

相手守備陣の連係ミスを見逃さなかった高木が決勝点を挙げた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ8節]C大阪1-0FC東京/4月14日/ヤンマー
 
 J1リーグ8節のC大阪対FC東京が14日、ヤンマースタジアム長居で行なわれ、C大阪が1-0で勝利した。C大阪はこれでリーグ4連勝。一方のFC東京は5試合ぶりの黒星を喫し、連勝が4で止まった。
 
 試合が動いたのは、74分のことだ。前線への浮き球に走り込んだ高木俊幸が、相手GKとDFが処理をもたついた隙を見逃さずにボールを奪い、そのままGKをかわして無人のゴールに流し込んだ。
 
 殊勲の高木は、「前半は結構固い展開になってなかなか崩し切れないし、自分たちの距離感も遠くてあまり思い通りにはいかなかったが、我慢して相手の前の選手を押さえてワンチャンスをモノにして勝てた」と試合を総括。
 
 自身の決勝点に関しては、「ロングボールが入った時に裏に抜けたボールを狙っておけと言われていたので、何回かチャレンジしていて、その1本が良い形でこぼれてきた。しっかりああいうところに走っていて良かった」と狙い通りだったと明かした。
 
 試合内容は満足とは言えないものの、それでも勝点3を取れたのは大きい。ユン・ジョンファン監督も「どのような勝ちでも勝てて良かった」と笑みを浮かべていた。
【関連記事】
名古屋、泥沼5連敗で17位転落も…風間監督がポジティブに前を向いたワケは?
ミシャ札幌が鮮やかな逆転劇!都倉賢の決勝点で柏を下し、リーグ3連勝
鹿島が金崎夢生の2発で連敗ストップ! 名古屋は泥沼の5連敗…
なでしこ阪口がラスト5分の真相を明かす! W杯行きを決めた豪州との“暗黙の了解”
西野ジャパンに勝機は? W杯グループリーグの3試合を改めて展望

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ