新体制の浦和がエース興梠の一発でリーグ初勝利! 仙台は6戦目で初黒星

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月07日

興梠の今季2ゴール目となる先制点。

今季2ゴール目となる先制点を奪った興梠。仙台戦にはめっぽう強い。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月7日、6節の5試合を開催。埼玉スタジアムでは、浦和レッズ対ベガルタ仙台の一戦が行なわれ、浦和が1対0で勝利し、今季リーグ戦初勝利を飾った。


 大槻毅新監督が就任して初のリーグ戦でのゲームとなった浦和は、立ち上がりから仙台のディフェンスラインの裏を狙う攻めを見せチャンスを作り出す。すると5分、後方からのややアバウトなロングフィードにうまく抜け出した興梠慎三が、巧みなボールコントロールで仙台DFの平岡康裕をかわすと、右足でゴールに流し込んだ。浦和が序盤、エースの2戦連続弾で先制する。

 序盤のゴールでリズムを掴んだかに見えた浦和だが、その後訪れたチャンスを逸すると、仙台も押し返し試合は一進一退に。仙台は古巣との対決となった石原直樹が再三チャンスを掴み、決定機も迎えるがシュートは枠を捉え切れない。

 一方の浦和は、前節の磐田戦に続き新加入のナバウトが途中出場で前線に起点を作るものの、こちらも決め手を欠いて勝利を決する追加点を奪うことができない。

 結局、試合は1-0でタイムアップ。浦和が大槻新体制の初陣で、今季リーグ戦初勝利を飾った。浦和はリーグ成績を1勝2分3敗とした。一方の仙台は、リーグ6戦目で初の黒星。リーグ成績を3勝2分1敗としている。

【浦和1-0仙台PHOTO】リーグ無敗のベガルタを撃破、レッズが今季初勝利!
【関連記事】
【浦和】淵田代表が明かした強化刷新の理由。新監督は5月上旬までに決めたい意向
浦和の監督交代は奏功するのか?広島戦で見えた大槻毅監督の方向性
「結果が出ればOKか?議論を」2位仙台・渡邉監督が異例の呼びかけをするに至った長崎戦の不満
公式戦無敗は偶然ではない!仙台を支える課題抽出と改善の好サイクル
FC東京×浦和レッズ戦の「美女サポーター」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ