驚愕のスピード! 甲府の助っ人FWが決めた鮮烈弾が「J2・DAZNベスト5ゴール」の最高評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月02日

2位以下には原一樹の直接FK弾などがランクイン!!

甲府のジュニオール・バボスがその潜在能力を如何なく発揮!(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J2最高評価は甲府のブラジル人FWだ。

 4月2日、DAZNは公式ツイッター上でJ2の「週間トップ5ゴール」を発表。今節の栄えある1位となったのは、今季甲府に帰ってきたジュニオール・バボスの鮮烈弾だ。
 
 日曜日に行なわれたJ2第7節の岐阜戦だ。1点ビハインドで迎えた後半開始早々の46分、小塚和季の落としに反応したストライカーは、驚きの加速力でDFふたりを振り切る。トップスピードでゴール前まで駆け抜けると、冷静にGKの動きを読み、右足で同点弾を流し込んだ。
 
 ジュニオール・バボスにとって、このゴールが嬉しいリーグ戦初得点。昨年6月に加入するも直後に負傷。その影響で8月に登録を抹消されて今季再びチームに帰還した。幾多の困難を乗り越えて、ついに結果を残したのだ。

 この試合ではさらにもう1点奪い、個の力を存分に見せつけたブラジル人FW。その台頭は1年でのJ1復帰を目ざす甲府にとって、間違いなく明るい材料だ。
 2位に原一樹(讃岐)の甘美な直接FK弾が選ばれ、3位には前節ハットトリックを達成して目下絶好調の田中パウロ淳一(岐阜)のテクニカルなループシュートがランクイン。千葉を4-0で撃破した大分から川西翔太が4位、石原崇兆(松本)の得点が5位と続く。ともにわずかなシュートコースを突いた、見事なコントロールショットだ。
 
 次節はどんなファインゴールが飛び出すのか。あっと驚くような一撃に期待をしたい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ