A代表FWを抑えてJ1最高評価を手にしたのは19歳の一撃! 5節のベスト5ゴールが発表に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月02日

U-21代表の点取り屋に負けじと代表歴を持つアタッカー陣がゴラッソを連発!

写真:イバルボとのパス交換で抜け出した田川は倒れ込みながらも右足で逆転弾をねじ込んだ!(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 今節のJ1最高評価を獲得したのは、東京五輪世代の成長株だ。
 
 代表ウィークによる中断を終え、31日から再開したJ1。約2週間ぶりとなったリーグ戦でも多くのゴールが生まれ、サポーターたちを歓喜の渦に巻き込んだ。
 
 そんな今節のJ1で生まれた22ゴールから「DAZN週間ベスト5ゴール」が発表され、代表歴を持つ選手たちを抑えて19歳の田川享介(鳥栖)が1位に輝いた。
 
 74分からピッチに立った田川は2-2で迎えた名古屋戦の後半アディショナルタイム。イバルボとのパス交換で左サイドからペナルティエリア内に侵入する。最後は体勢を崩されながらも、利き足ではない右足で逆サイドネットにシュートを流し込んだ。
 
 2点差を跳ね返し、チームに勝利をもたらした田川。ゴールが決まると一目散にベンチに掛けより、喜びを爆発させた。

 東京五輪を目指すU-21日本代表にも名を連ねる鳥栖期待の点取り屋は、名古屋戦のゴールで今季2点目。与えられた僅かな時間でしっかりと結果を残し、U-21代表を率いる森保一監督に、自身の存在を知らしめる一撃となったのは間違いない。
 
 2位以下にも観る者にインパクトを与えるゴラッソが並び、ランキングには代表歴を持つ選手たちがずらりと顔を揃えている。

 2位に入ったのは昨年12月のE-1選手権で代表入りを果たした伊東純也(柏)。神戸戦で2ゴールを決めた柏のスピードスターは、カットインから左足を振り抜いた先制弾で好評価を手にした。

 3位には、チームにリーグ戦初勝利をもたらした日本代表・杉本健勇(C大阪)のファインショットを選出。4位にはウーゴ・ヴィエイラ(横浜)が入り、5位には伊東と同じくE-1選手権で代表に名を連ねた川又堅碁(磐田)の技ありシュートがランクインしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ