5戦未勝利と苦しむ浦和。槙野智章が明かす問題点は「ボールが爆弾のように…」

カテゴリ:Jリーグ

梶山大輔(サッカーダイジェスト)

2018年04月02日

「元々『サッカーを楽しむ』というのがレッズのよさ。その姿勢を思い出す必要がある」

この日の槙野は定位置のCBではなく、左SBで奮闘。「勝利に結びつくプレーができず残念だった」と唇を噛んだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]磐田2-1浦和/4月1日/エコパ
 
 またしても勝利を掴むことはできなかった。
 
 今季リーグ戦初勝利を目指した浦和は、8分に興梠慎三がPKを決めて先制に成功するが、41分に同点弾を許す。アンドリュー・ナバウト、李忠成ら攻撃的な選手が投入された後半は攻守のバランスが崩れ、81分に逆転弾を叩き込まれ力尽きた。開幕から5戦未勝利と負のスパイラルに陥っている。
 
 左SBとしてフル出場した槙野智章は、チームの現状を次のように話す。
 
「ミスはありますけど、ミスした後の表情やプレーを見ると明らかに自信を失っている選手がいる。元々『サッカーを楽しむ』というのがレッズのよさで、それを失いかけているのは残念。ここ数年積み上げてきたものを考えて、原点に戻らないといけないし、『サッカー』を楽しむという姿勢を思い出す必要がある」
 
 結果が出ない中で『サッカーを楽しむ』というのは難しさもあるはずだ。この点について、独特の表現を交えつつ思いの丈を吐露する。
 
「『何を楽しむか』というのを考えないといけない。ケラケラ笑ってサッカーをするのが楽しむことなのか。それとも自分たちが元々やっていた、ボールを受けたいとか、ゴールを決める喜びだとか、スタジアムに来ている人たちを喜ばせたいとか(なのか)。小学生のころにボールを蹴っていた感覚でサッカーを楽しむことを忘れないように。ただ見ていると、ボールを受けるのを怖がっていて、ボールが爆弾のように、爆発しそうで早く渡さないといけないと焦っている選手もいる。サッカーの原点に戻らないと」
 
 日本代表のベルギー遠征から帰国後に参加した練習では、チームに蔓延する自信のなさを感じたという。その後はチームメイトに声掛けをするなど、自身にできることを考えて行動してきた。
 
「この状況を打破するには、とにかくまとまること。連戦なので、すぐに挽回の機会があるというのはポジティブに考えたいし、早くサポーターの皆さんに勝利を届けたい」
 
 誰よりも責任感が強い背番号5は、次節の仙台戦での勝利を誓った。
 
取材・文●梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)

【磐田2-1浦和 PHOTO】エース川又の2得点で磐田が今季2勝目!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ