伊東純也の会心2ゴールは必見!柏が神戸を下して暫定4位に浮上

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月30日

カットインから左足で先制弾!

躍動した伊東。2ゴールを挙げてこの日のヒーローに。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ5節]柏2-1神戸/3月30日/三協F柏
 
 J1リーグ5節の柏対神戸が30日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、2-1でホームの柏が勝利を収めた。
 
 中断明けの仕切り直しの一戦で、先制点を決めたのは柏の伊東純也だ。68分、江坂の縦パスを受けた伊東は右サイドをドリブルで持ち上がり、カットインして左足を一閃。コースを突いた絶妙なシュートで神戸ゴールを射抜いた。
 
 しかし、神戸も直後のセットプレーで同点に追いつく。藤田直之のCKに田中順也がヘッドで合わせて右サイドネットに突き刺し、試合を振り出しに戻した。
 
 その後はお互いに前がかりな姿勢を強めて次の1点を狙いに行く。そうして迎えた86分、またも柏の伊東純也が仕事をやってのけた。
 
 クリスティアーノのスルーパスを受けた小池龍太が右サイドを抜け出し、エリア内に侵入してマイナスのクロスを供給。フリーの山崎亮平が合わせるも、シュートはGKキム・スンギュに弾かれる。このこぼれ球に反応したのが伊東だ。猛然とゴール前に走り込んだ背番号14は、豪快に右足を振り抜いて試合を決める2点目を挙げた。
 
 試合はそのまま2-1で終了。柏は2節の横浜戦以来となる勝点3を獲得し、暫定4位に浮上した。対する神戸は今季2敗目を喫して10位に順位を落としている。
【関連記事】
【独占激白|前編】ポドルスキが語る日本サッカー「環境が整っているわりには国民から…」
金曜開催のJリーグは新機軸となりうるのか? 賛否両論、クラブ側の本音を聞いた
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
【藤田俊哉の目】無得点で全敗の危機感も。もはや時機を逸した監督交代以外に期待したいのは?
【セルジオ越後】今回のベルギー遠征で株を上げたのは、香川や清武、吉田だね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ