【日本代表】ハリルの思いがけない忠告。「W杯で幻想的な夢を抱かないようにしたい」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年03月23日

「ブラジル、スペイン、フランス、ドイツのように欲張りであってはいけない」

マリ戦の前日会見に臨んだハリルホジッチ監督。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年3月22日、マリ戦の前日会見に臨んだ日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だったが、意外にも話はワールドカップ本大会のことにまで及んだ。

「ワールドカップでは戦える状態でチームを作らないといけない。コロンビア、セネガル、ポーランドにしても、全て異なるプレースタイルで臨まないといけない。我々がグループ突破の候補ではない。ただ、その候補がいつも勝つわけではない。我々が偉業を成し遂げる準備をしないといけない。
 
相手はプレゼントしてこない。そういう偉業をトライするために何が必要かを選手に説明しています。戦術面、フィジカル面、それからメンタル面もそうですね。頭の中に偉業を成し遂げようという気概がなければできない。
 
 幻想的な夢を抱かないようにしたい。まずはグループ突破を目指す。戦術のチョイスが重要になる。日本の選手に合ってないプレーを望むというのはやめたい」

 
 ワールドカップに挑むうえでハリルホジッチ監督が望むのは理想ではなく、現実的な考え方だ。
 
「(最終予選の試合において)例えば守備でかなり素晴らしいことをした。攻撃ではあまり良くなかったけれども、ここまで結果を出してきた。我々は進んでいます。ただ、ブラジル、スペイン、フランス、ドイツのように欲張りであってはいけない。
 
 日本代表の選手はフィジカル的に満足できる状態にない。ワールドカップ本大会直前に体脂肪率の話をしたくない。そういうことを話し始めると、もはや愚かです。私が厳しい要求をしているわけではなく、ワールドカップ本大会が厳しい要求をしている。相手よりもたくさん走って、良い状態を作り出さないといけないのが本大会ですから。トライしないとプレゼントはこない」
 
 まるで選手たちを戒めるかのように、熱いメッセージを送ったハリルホジッチ監督。まずはマリ戦、ここで勝てないようでは本大会で偉業など成し遂げられない。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)


日本代表ベルギー遠征【美食の国ベルギー!PHOTO】食べるのが大好きなカメラマンがリエージュの美味しい食べ物を紹介します。随時更新中!

日本代表ベルギー遠征 【トレーニングPHOTO】リエージュでのトレーニングの様子を紹介!

日本代表ベルギー遠征【リエージュにやって来た!PHOTO】日本代表の親善試合取材のためベルギーのリエージュにやって来ました

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ