日本の脅威に! W杯初戦の相手コロンビア、大黒柱とストライカーがこの時期に揃って復調!

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2018年03月13日

「崩しの切り札」クアドラードの復帰時期は不透明。

大黒柱でキャプテンのハメス(中央)と点取り屋のファルカオ(右)がともに怪我から復帰。ここから一気に調子を上げてくるはずだ。(C)Getty Images

画像を見る

 この1週間における最大のトピックは、ハメス・ロドリゲスの練習復帰だ。左足のふくらはぎを負傷した2月21日のチャンピオンズ・リーグ(対ベシクタシュ)以降、ピッチに立てない状況が続いているが、3月7日からバイエルンのトレーニングに参加している。

 ユップ・ハインケス監督の「リスクは冒さない」という方針で、10日のハンブルク戦でもメンバーから漏れたが、まもなく試合出場へのゴーサインが出るはずだ。

 もうひとつの朗報はラダメル・ファルカオ(モナコ)のカムバック。太腿の怪我でリーグ・アン25~28節を欠場したが、3月9日に行なわれた29節のストラスブール戦でベンチ入りを果たした。最後まで出番は訪れなかったが、今シーズンの公式戦29試合で23ゴールと結果を残しているストライカーがスタメンに返り咲くのは時間の問題だろう。

 
 大黒柱とエースストライカーに復調の兆しが見られた一方で、崩しの切り札であるファン・ギジェルモ・クアドラードは1月末に手術した鼠径部のリハビリ中で、まだ復帰の時期は不透明。当初の診断では全治2か月だったが、ユベントスのマッシモ・アッレグリ監督は3月10日、クラブ公式サイトで「いつ復帰できるかの意見を得るためドイツにいる」と快足アタッカーの近況を明かしている。

 ハメスとファルカオはともかく、クアドラードは3月23日のフランス戦(サン=ドニ開催)と3月27日のオーストラリア戦(ロンドン開催)の欠場が決定的(招集メンバーの発表は現地時間15日の予定)だ。この重要なテストマッチでキーマンのひとりを欠くのは、ホセ・ペケルマン監督にとって痛手以外の何物でもないはず。ただ、国内で指摘されている“個人技任せ”の戦術を見直すには良い機会になるかもしれない。

 先日、現地のテレビ番組出演時にその戦術面に関する提案をしたのが、TVコメンテーターのファウスティーノ・アスプリージャだ。現役時代にパルマやニューカッスルでプレーした往年の名FWは、アントニオ・コンテ(チェルシー監督)やアッレグリら昨今のイタリア人監督が用いている3バックシステムの採用をプッシュ。右のサンティアゴ・アリアス(PSV)、左のフランク・ファブラ(ボカ)の控えに優秀なSBが見当たらない理由などから、現地の有力誌『セマナ』もアスプリージャ案を支持している。

 最後にもう一ネタ。3月8日、現地紙『AS』はロシア・ワールドカップ直前の大まかなスケジュールを報じた。コロンビアの首都ボゴタで3~4日を過ごしてから、5月下旬から約15日間のイタリア合宿に突入。6月1日にエジプト代表とテストマッチを行ない、このキャンプ中にさらにもう1試合ナショナルチームを相手に腕試しする。そして12日、コロンビア代表のベースキャンプ地となるロシアのカザンに入る予定だ。

[コロンビアvs日本]
6月19日:15時~(日本時間6月19日:21時~)/会場:サランスク


文●遠藤孝輔
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ