• トップ
  • ニュース一覧
  • 【磐田】今季初勝利に安堵の表情。チームキャプテン・櫻内渚が明かした勝負のポイント「まずは失点しないことを…」

【磐田】今季初勝利に安堵の表情。チームキャプテン・櫻内渚が明かした勝負のポイント「まずは失点しないことを…」

カテゴリ:Jリーグ

梶山大輔(サッカーダイジェスト)

2018年03月11日

「先に失点すれば苦しい展開になるのは分かっていた」

豊富な運動量で右サイドを疾走した櫻内。特に後半はエンジン全開のパフォーマンスだった。(C) J.LEAGUE PHOTOS.

画像を見る

[J1リーグ3節]磐田2-0FC東京/3月10日/ヤマハ
 
「先に失点すれば苦しい展開になるのは分かっていた。先制点が自分たちを落ち着かせると思っていたので、まずは失点しないことをチーム全体で意識した。(攻撃面では)ボールを回す位置が相手陣内深くになれば、もっとチャンスが生まれる。修正というか、シンプルにやっていきたい」
 
 FC東京を2-0で下し、今季リーグ戦初勝利を収めた磐田。右サイドで上下動を繰り返し、堅実な働きで勝利に貢献した櫻内渚は、安堵の表情で試合を振り返った。
 
 この一戦で鍵を握ったのは、サイドの攻防だった。FC東京の左SB太田宏介は正確な左足が持ち味。この日もセットプレーを中心にチャンスに繋がるボールを幾度となく供給していた。
 
「やっぱり太田選手からのクロスは決定機になる。簡単にクロスを上げさせないことを意識した。シュンさん(一列前の中村俊輔)の位置が低くなると、自分の位置も低くなってプレスにいけない。なので、周囲を動かしながら守っていた」
 
 相手のキーマンである太田に対して、櫻内は周囲と連動した守備を心掛けた。また後半は、名波監督の指示もあり、意識的に攻撃参加の頻度を増やした。その結果、太田を守備に専念させ、ゴールに繋がるようなクロスを封じることができたのだ。
 
 明るい性格でムードメーカーとしても知られる背番号5は、今季からチームキャプテンの大役を担う。常にチーム全体を考える男は、貴重な先制点を挙げたアダイウトンについても「金髪に変えたのは、アダなりに何か変えたいと思っていたのかな(笑)。それが良い方向に繋がった」と笑みを浮かべつつ活躍を称えた。
 
 ようやく見られた櫻内の笑顔――。その回数が増えれば増えるほど、磐田の順位も上昇していくに違いない。
 
取材・文●梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】磐田2-0FC東京|磐田が今季初勝利! MOMは華麗なヘッドで沸かせたブラジリアン!
【磐田】堂々のリーグ戦デビュー! 新里亮からうかがえた確かな自信「3バックならどこでもこなせる」
今季初白星の磐田・名波監督が助っ人ふたりの得点を評価「個人の苦しみをゴールに変えてくれた」
鮮烈のスーパーゴラッソ! 徳島のレフティーが大宮戦で強烈ロングボレーを蹴り込む
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ