【本田密着】ワールドカップでアピールしたい「本田圭佑の正しい使い方」

カテゴリ:ワールド

神尾光臣

2014年05月26日

過酷な環境のなかでプレーや判断の拙さが目立った1年目。

トーンダウンしていった加入1年目。イタリア・サッカー、ミランのスタイルと、すべてにフィットできなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 ミランでの初めてのシーズンは、本田圭佑にとって不本意なものに終わった。
 
 クラレンス・セードルフ監督の下で、慣れない右サイドとして起用され、なかなか展開に絡めず苦労した。それでも最初の頃はスタメンとしてコンスタントに出場機会は得ていたものの、ミラノダービーを前にしてチームの4-3-1-2のシステム変更に伴い、メンバーから外されることとなった。
 
 37節のアタランタ戦ではトップ下として起用されるも、相手の対策に成す術なく、前半で交代させられた。そして、最終節のサッスオーロ戦では出場なし……。
 
 本田がベンチを温めた試合では、同時期に加入したアデム・ターラブトがトップ下として出場していた。このモロッコ人が信頼を勝ち取った理由は、まずこの時点で4得点と結果を出していたからだ。一方の本田はジェノア戦の1点止まり。また本田には、ターラブトのように単独でのドリブル突破でチャンスで作るという動きもなかった。これでは、スタメン争いで後れを取るのも当然である。
 
 今シーズンを振り返ると、とにかく周囲と噛み合っていなかったというのが第一の印象だ。本田は本来、中盤でボールを離した後にゴール前にポジションを取り、味方からパスを受けて得点へと絡むプレーヤーである。ところがミランでは、攻守が切り替わった後に攻撃に絡む人数が少ないため、本田がパスを預けようにも味方が走っておらず、ここで連係を取ることすらままならなかった。
 
 その一方でイタリアのディフェンスは、素早く組織的に守備を行なう。プレスで囲み、パスコースを切って周囲を固め、攻撃を遅らせつつ、ボールを刈り取ってくる。本田は常にこの包囲網にかかり、複数のマークが付いている状況で、まともにプレーできるスペースは与えられなかった。
 
 ただ、こういった悪条件が常につきまとっていたとはいえ、本田自身のプレーや判断自体も、決して褒められるものではなかった。素早くボールを運ぶべき時にスピードダウンしたり、フェイントをかけ損なってボールを奪われたりと、基本的なミスを犯して評価を落とすこともしばしばあった。
【関連記事】
【本田密着】システムの変更がさらなる危機を呼び込んだ
【本田密着】危機であり、チャンスであり……本田の初ミラノダービー
【本田密着】戦列復帰が待ち望まれる理由
【本田密着】日本人に“因縁の地”で挙げた初ゴールが語るもの
【本田密着】変わる風向き。あとは「ゴール」という結果を

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ