【長崎】「勝てそうで勝てない…」昇格組が陥る“負のパターン”をどう打破するか

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年02月25日

J1残留の鍵は修正力だろう。

長崎を率いて6年目の高木監督。指揮官としては2度目のJ1挑戦となる。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ1節]湘南2-1長崎/2月24日/BMWス
 
 V・ファーレン長崎は、J1開幕戦で湘南に1-2で敗れた。昨季J2で自動昇格圏の2位に食い込む快進撃を見せたものの、初挑戦となるJ1ではスタートダッシュを切ることができなかった。
 
 試合後の会見で高木琢也監督は「負けたので悔しいです。それだけです」と無念を口にした。同じ昇格組ながらJ1経験のある湘南に、地力の差を見せつけられた格好だ。「勝てそうで勝てない。そういうゲームがよくあると聞いていた。まさにこういうゲームが増えていくんだろうな」と、指揮官は僅差の試合をモノにする難しさを感じたようだ。「こういう敗戦を繰り返さないためにも、できなかったことを見直し、やってはいけないミスを反省したい」と言う。
 JFL時代から所属し、今年で在籍7年目になる最古参の前田悠佑も、前半の失点を悔やみながら「試合中に修正できたなかで、もう1点取れれば良かったんですけど、次は2点目を仕留められるようにやっていかないといけない」と反省の弁を述べた。
 
 今後も長崎にとっては苦しい試合が増えるはずだ。J1残留のために、いかに勝点を拾っていくか。鍵は修正力だろう。湘南戦の前半は、相手の攻撃的布陣(アンカーを置き、シャドーに3枚置く中盤の構成)に面食らい、わずか8分で失点。しかし、その後すぐさま崩れかけた守備を立て直せた点は小さくない収穫だ。
 
「今回に関してはFKと流れのなかで、マークがチグハグになってしまった。その分、問題点は見えやすい。練習からしっかりと修正していければ失点は減っていく」と前田が言うように、毎試合ごとに噴出した課題を一つひとつ潰していく。この積み重ねが重要になりそうだ。

【湘南 2-1 長崎 PHOTO】2-1で湘南が昇格組対決を制す!
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 
【関連記事】
【セルジオ越後】王者フロンターレの不調は想定内。新シーズンも横綱相撲をできるチームはいない
【J1採点&寸評】湘南2-1長崎|湘南が20年ぶりのJ1開幕戦勝利!新戦力ふたりを高く評価
FC東京×浦和レッズ戦の「美女サポーター」を一挙紹介!
【湘南】「これで有頂天にはなれない」石川俊輝が決勝ゴールを決めても冷静でいる理由
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ