【スタイル分析】ポゼッション&堅守速攻の二枚刃を兼備|ポルトガル

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年05月23日

C・ロナウドを生かした速攻という新たな武器。

クリスチアーノ・ロナウド (C) Getty Images

画像を見る

 レギュラー陣の顔ぶれは、ベスト4進出を果たしたEURO12当時とまったく変わらない。全員が20代後半~30代前半とキャリアのピークを迎え、さらに2年の歳月を経て組織の熟成が進んだ。今大会がひとつの集大成になるだろう。
 
 システムも2年前と同じ4-3-3。チームの基本的な振る舞いは、ボールポゼッションを重視するポルトガルの伝統的なスタイルのそれだ。
 
 しかしながら欧州予選のプレーオフでは、あえて受けに回って相手を自陣に引き込み、ボールを奪うや否や素早く前線に展開。C・ロナウドの個人能力を活かしたカウンターで仕留めるという新たな戦法でスウェーデンを退けた。破壊的な威力を示した堅守速攻は、格上との対戦が避けられないワールドカップで大きな武器になりえる。
 
 とはいえ、基本姿勢はあくまでポゼッション志向。最終ラインから丁寧にパスをつなぎ、ゆったりとしたリズムでボールを運ぶ。ただ、C・ロナウドとナニというスピードと突破力を備えたウイングを擁しているため、状況によってはロングボールを使って縦に速い攻撃を織り交ぜるのが特徴だ。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
【関連記事】
GROUP G 日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ