【長崎|始動レポート】J1初挑戦ながら目標は「残留のその先」国見トリオも力強く宣言

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年01月08日

J1昇格決定後から高田明社長は「ACLを目指す」。

初のJ1に挑むシーズンがスタート。27名で初練習を行なった。写真:藤原裕久

画像を見る

 1月8日、V・ファーレン長崎はクラブとして初となるJ1のシーズンへ向けて始動した。
 
 初練習には、指導者ライセンス受講者の3名と契約未更改の選手を除く27名が参加。新戦力として、DF徳永悠平、GK徳重健太、MF中村北斗の国見高出身トリオと、3年ぶりにチーム復帰となるMF黒木聖仁、札幌からの期限付き移籍で技巧派のMF中原彰吾を補強。さらに、これまでチームにいなかったスピードで勝負できるFWとしてリオ五輪でも活躍したFW鈴木武蔵を加え、東海学園大からDF本多琢人、順天堂大学からMF新里涼とMF米田隼也を獲得した。
 
 一方で、FWファンマこそ条件面での交渉が長引き、8日の練習に参加しなかったものの、昨季の主力が流出することはほとんどなく、毎年のように主力が入れ替わってきた状態は解消される見込みだ。現在も外国籍選手獲得について最終調整を行なっており、チームの体制が完全に整うのはもう少し後になると見られている。
 
 初のJ1ということもあって周囲には「残留」を今季の目標とする声が多いなか、J1昇格決定後からクラブの高田明社長は「ACLを目指す」と意気込みを語っており、8日の取材では高木琢也監督も「ただ残留だけを目標にすることはしたくない。その先を目指していきたい」と宣言。新加入の徳永も「周りはいろいろ言うだろうけど、チームの目標がACLと聞いたので、そこを信じてやっていきたい」と力強くコメントした。
 
 もちろん、これら一連のコメントは残留を甘く見てのものではない。中村が「福岡でも経験しているので、残留の難しさは分かっている。それでも、まずはそこを達成して、次、次と向かっていきたい」とコメントしたとおり、言葉の裏にあるのは、高みを目指しながらも、地に足をつけて戦うという覚悟だ。高木監督も「今までやってきたベースがある中で、レベルアップするためにチャレンジして(チーム内で)競争して欲しい」と語っており、監督、選手ともに残留の難しさやレベルアップの必要性は充分に理解した上で、J1を戦い抜くことを誓っている。
 
 今後、チームは調整を続けながら、13日から2週間の沖縄キャンプに出発。沖縄でコミュニケーションを深めつつコンディションを上げ、ゲームもこなして今季の土台を作り、2月からの鹿児島キャンプではタイトなスケジュールも見据えて連戦でゲームをこなしながらチームを強化していく予定。キャンプを通じて、ベテラン勢がチームに融合し、若手が期待どおりの成長を見せることができれば、自信を持って開幕を迎えられるはずだ。

取材・文●藤原裕久(フリーライター)
【関連記事】
選手権の大会優秀選手34名が発表!初優勝の前橋育英からは得点王の飯島陸ら最多6名
“世界一リッチなフットボーラー”が岡崎慎司とポジション争う!? ブルネイ国王の甥が話題に
新年初戦でゴール!ドルトムントの香川真司が幸先の良いスタート
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
大好きな長崎を盛り上げたい──。徳永悠平が語った『地元愛』

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ