【選手権】PKを外しはしたけれど…日本文理の10番・久住玲以が披露した高い決定力

カテゴリ:高校・ユース・その他

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年12月31日

「得点力もあるぞって示せたのは良かったかな」

得意のドリブルを存分に披露できずとも……。日本文理の久住玲以は2得点としっかり仕事をした。写真:末永裕樹

画像を見る

[高校サッカー選手権・1回戦]日本文理2-0立正大淞南/12月31日/浦和駒場
 
 前半12分、日本文理がPKを獲得した。10番を背負う久住玲以がペナルティスポットにボールをセットして、助走に入る。しっかりとミート。ボールはゴール右隅を襲う。しかし、相手GKに弾かれてしまった。
 
「止められた時には『ヤバッ!』と。県予選の決勝戦で決めたPKと同じところに『裏をかいて』蹴ったんですけど、まったく裏をかけてなかったですね(笑)」
 
 それでも落ち着いていた。転がるボールに身体が反応。リフレクションを冷静に流し込んで先制点を奪った。
「いい場所にボールが撥ね返ってきて、それを決められたので良かった。救われましたね」
 
 66分には古木雄大からのインスイングのクロスに合わせてヘディングシュート。「スペースに走れば絶対に雄大が出してくれると思ったし、狙い通りのボールを蹴ってくれた」(久住)。
 
 まさに阿吽の呼吸で2点目をゲット。ただ、2ゴールという結果には自身で一定の評価をしつつも、パフォーマンスにはまったく納得していない。
「試合のなかで何もできませんでしたから……」
 そう久住はこぼした。
 
「得意のドリブルで貢献するつもりだったんですけど、厳しいマークにあってなかなかできなかった。でも自分には(ドリブルだけじゃなくて)得点力もあるぞって示せたのは良かったかな」
 
 ドリブルを封じられてもチームを初出場・初勝利に導いた男の次戦の意気込みはいかに。
「今日もそうだったと思うんですけど、周囲から『新潟は弱い』と考えられているので、良い意味で裏切りたい」
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【選手権】小野伸二らを育てた清水桜が丘・大滝雅良監督が“選手権”に感謝
【選手権】左から攻撃を彩る富山一の中村俊輔!小森颯が奇跡的とも言えるクリアで勝利に貢献
【選手権】北の大地が生んだ快足FW!圓道将良が驚愕ボレーで示した成長
【選手権】元日本代表DFの宮本恒靖を彷彿させる頭脳的ディフェンス!! 滝川二CB上出直人の凄み
【選手権】「負けたらオレの責任」昌平の絶対的エース佐相壱明が見せた矜持

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ