【番記者通信】失望ではなく希望が広がるアンフィールド|リバプール

カテゴリ:メガクラブ

ジェームズ・ピアース

2014年05月15日

スタジアムを支配していたのはプライド。

 すでに3日が経過した。劇的なフィナーレは訪れず、リバプールにおとぎ話はめぐってこなかった。
 
 最終節、2人の退場者を出したニューカッスルを2-1で破ったものの、アンフィールド(リバプールの本拠地)から車でおよそ30分離れたエティハド・スタジアムでマンチェスター・シティが快勝したために、夢ははかなく打ち砕かれた。
 
 とはいえ、そこに失望や落胆はなかった。スタジアムを支配していたのはポジティブな空気。チームを誇りに思う、プライドのようなものだった。スタンドにあいさつしたスティーブン・ジェラードと選手たちを迎えたのは、ファンのオベーションだった。
 
 ゴール裏スタンドには、シーズンを通して『Make Us Dream(夢を見させてくれ)』と書かれたバナーが掲げられていた。サポーターのその想いに、選手はずっと応えつづけたのだ。開幕前は、4位に入ってチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得できれば御の字だったチームが、首位と勝点2差の2位でフィニッシュしたのだ。しかも、攻撃的なサッカーでファンを魅了した。総得点は101と三桁に達した。
 
 アウェーでトッテナムを粉砕した5-0の快勝、エバートンを4-0で一蹴したマージーサイド・ダービーでの完勝、首位快走中のアーセナルに地獄を見せた5-1の圧勝、敵地でマンチェスター・ユナイテッドを寄せ付けなかった3-0の大勝。34節のシティとの首位攻防戦にも3-2で勝利した。
 
 ルイス・スアレスは31ゴールで得点王を獲得し、その相棒を務めたダニエル・スターリッジはそれに次ぐランク2位の22ゴールと、ついにその実力を開花させた。
 
 ラヒーム・スターリングが独り立ちし、ジョン・フラナガンがブレイクを果たせば、ジョーダン・ヘンダーソンは覚醒。さらに、ジェラードは中盤の底から攻撃を司る新境地を開き、13アシストを決めてプレミアのアシスト王に輝いた。
 
 今シーズンのリバプールは、掛け値なしに素晴らしかった。アンフィールドには、失望ではなく希望が広がっている。
 
【記者】
James PEARCE|Liverpool Echo
ジェームズ・ピアース/リバプール・エコー
地元紙『リバプール・エコー』の看板記者。2000年代半ばからリバプールを担当し、クラブの裏の裏まで知り尽くす。辛辣ながらフェアな論評で、歴代の監督と信頼関係を築いた。
 
【翻訳】
松澤浩三
【関連記事】
【番記者通信】灯った黄信号。前を向いて戦い抜くしか…|リバプール
【番記者通信】24年間の落胆に終止符を打つ「至高の伝説」へ|リバプール
リバプールのスアレス プレミアリーグのシーズンMVPに PFA選出
【番記者通信】ヒルズボロの悲劇から25年。「赤」と「青」がひとつになった特別な1日|リバプール
【サポーターズブログ】香港のアンフィールド|リバプール

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ