【番記者通信】灯った黄信号。前を向いて戦い抜くしか…|リバプール

カテゴリ:メガクラブ

ジェームズ・ピアース

2014年05月02日

優勝するには賢さも必要だろう。

痛恨のミスから先制ゴールを献上したジェラード。残り2試合、前を向いて戦い抜くしかない。 (C) Getty Images

画像を見る

 チェルシー戦の敗北は、24年ぶりのリーグ制覇に黄信号を灯した。
 
 それまで11連勝と破竹の勢いで、優勝への道筋は出来上がっていると、そう思われたのだが……。リバプールの“バブル”は、チェルシーの鉄壁の守備の前に、はかなく弾け散ったのだった。
 
 これで断然有利な立場となったのは、マンチェスター・シティだ。残り3試合(29節アストン・ビラ戦が未消化で5月7日に開催)に全勝すれば、王座奪還がほぼ間違いない。シティが3連勝、リバプールが2連勝でシーズンを締めくくれば、ともに勝点86で並ぶ。だが、得失点差でシティが上回っており、よほどの大勝、大敗がないかぎり、リバプールの逆転は不可能だ。
 
 リバプールにとって最後の望みの綱は、宿敵エバートンだ。5月3日の36節でエバートンがシティから勝点を奪えば、リバプールにふたたび自力優勝の可能性が浮上する。「青の隣人」に望みを託すとは、皮肉なものだ。
 
 チェルシーに負けてから、ブレンダン・ロジャース監督は選手たちのモチベーションをもう一度引き上げるために必死だった。今シーズンの躍進はすでに偉業と言える。チャンピオンズ・リーグの出場権を得たそれだけでも大成功だ。優勝の可能性が完全に消えたわけではないと、そう繰り返し言い聞かせた。
 
 それにしても、だ。守備一辺倒のチェルシーにはがっかりさせられたし、大きなフラストレーションを感じた。ラインをひたすら下げ、10人で守りつづけるその姿は、とても優勝を争うチームには見えなかった。
 
 苦言ついでに付け加えれば、チェルシー側の時間潰しを黙認したマーティン・アトキンソン主審もいかがなものか。その見識を疑わないわけにはいかない。アトキンソンは何度も腕の時計を止める仕草をしたが、彼がすべきはイエローカードを出すことだった。
 
 敵将ジョゼ・モウリーニョは、自軍のディフェンシブなパフォーマンスをあたかも芸術のように褒めちぎりながら、それに批判的な向きに腹を立てていた。このポルトガル人はお忘れだろうか。超守備的に振る舞ったウェストハムを、「19世紀のフットボール」とこき下ろした自分を。
 
 とはいえ、リバプールも経験不足を露呈した。引き分けでもよかった試合で、それまでと変わらずリスクを冒して攻めに出た。スタイルを崩したくないという、ロジャース監督の信念は痛いほどわかるが、優勝するには賢さも必要だ。
 
 いずれにしても、リバプールはまだ首位に立っている。残り2試合、前を向いて、とにかく戦い抜くしかない。ロジャースは、希望を捨ててはいない。
 
【記者】
James PEARCE|Liverpool Echo
ジェームズ・ピアース/リバプール・エコー
地元紙『リバプール・エコー』の看板記者。2000年代半ばからリバプールを担当し、クラブの裏の裏まで知り尽くす。辛辣ながらフェアな論評で、歴代の監督と信頼関係を築いた。
 
【翻訳】
松澤浩三

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ