【番記者通信】ペップ1年目の締めくくりは――|バイエルン

カテゴリ:メガクラブ

パトリック・シュトラッサー

2014年05月14日

「勝たなければ難しい夏になる」

ペップ・グアルディオラの1年目は、宿敵ドルトムントと対戦するDFBカップ決勝の結果で決まると言っても過言ではないだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

 バイエルンにとって今シーズンの公式戦56試合目は、もっとも重要な試合となる。5月17日のDFBカップ決勝は、今シーズンのフィナーレであり、クライマックスだ。
 
 舞台装置は完璧だ。対戦相手は、ドルトムント。13年と14年のマイスターと11年と12年のマイスターのぶつかり合いであり、一昨シーズンの同じくDFBカップ決勝、昨シーズンのチャンピオンス・リーグ(CL)決勝の再戦だ。2年前のDFB決勝はドルトムントが5-2で快勝、昨年のCL決勝は2-1でバイエルンが凱歌を上げた。
 
 ジョゼップ・グアルディオラが指揮したバイエルンの1年目を、人々はどのように思い出すだろう。
 
「ブンデスリーガで優勝し、CLはベスト4。良いシーズンだった」とはキャプテンのフィリップ・ラーム。「でも、土曜日にカップ戦の優勝を決めて、最高に良いシーズンにしたい」と言う。
 
 DFBカップ決勝での敗北は、グアルディオラを巡る雰囲気に破滅的な結果をもたらすだろう。
 
「勝たなければ、難しい夏になるだろう」
 グアルディオラはそう語る。
 
 そして、ラーム、バスティアン・シュバインシュタイガー、トーマス・ミュラー、トニ・クロース、マリオ・ゲッツェ、ジェローム・ボアテングのドイツ代表勢にとっても、ネガティブな影響があるだろう。苦々しい後味を口中に残したまま、肩を落としてブラジルへと向かうことになる。
 
 もっとも、チームに悲壮感はない。ジェルダン・シャキリが宣言しているように、4週間前のリーグ戦で喫した手痛い敗北の「ちょっとした復讐」をするつもりだ。
 
 ブンデスリーガ最終節のシュツットガルト戦で左膝を負傷したシュバインシュタイガーの状態が気になるところだが、出場できなくてもそれほど大きな痛手はないだろう。ペップのお気に入りで、故障から復帰したチアゴ・アルカンタラが控えている。愛弟子がグアルディオラに希望を与える。
 
【記者】
Patrick STRASSER|Abendzeitung
パトリック・シュトラッサー/アーベントツァイトゥング
1975年ミュンヘン生まれ。10歳の時からバイエルンのホームゲームに通っていた筋金入りで、1998年にアーベントツァイトゥングの記者になり、2003年からバイエルンの番記者を務める。2010年に上梓した『ヘーネス、ここにあり!』、2012年の『まるで違う人間のように』(シャルケの元マネジャー、ルディ・アッサウアーの自伝)がともにベストセラーに。今年5月にはバイエルンのCBダンチの自伝を出版予定。
 
【翻訳】
円賀貴子
【関連記事】
【番記者通信】「これで終わりではない!」沈鬱な空気を一掃したヘーネスの言い得て妙|バイエルン
【番記者通信】「常勝オーラ」は色褪せ、「暗号」は解き明かされた|バイエルン
【番記者通信】獰猛な本能を呼び覚まし、マドリーに「地獄」を|バイエルン
【番記者通信】グアルディオラに突き付けた優越|R・マドリー
バイエルン、圧倒的な戴冠劇のなぜ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ