浦和の堀監督となでしこ高倉監督がアジア年間最優秀監督をダブル受賞! 年間最優秀選手賞には…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月29日

アジア年間最優秀選手賞に選ばれたのはアル・ヒラルのあの選手。

男女で共に受賞した堀監督(左)と高倉監督(右)。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間11月29日、タイのバンコクでアジア・サッカー連盟(AFC)の年間表彰式が行なわれ、男女の年間最優秀監督をそれぞれ、浦和レッズの堀孝史監督と、日本女子代表の高倉麻子監督が受賞した。
 
 堀監督は、今年7月にミハイロ・ペトロヴィッチ前監督の後任として、コーチから昇格する形で浦和の指揮官に就任。失点の多かったチームを建て直し、先日には2007年以来となる10年ぶりのアジア・チャンピオンズリーグ制覇に導いた。
 
 男子の最優秀監督賞に日本人が選ばれたのは、2011年の佐々木則夫氏(なでしこジャパン)以来6年ぶり。Jリーグの監督による受賞は2008年の西野朗氏(ガンバ大阪)以来9年ぶりの快挙だ。
 
 一方の高倉監督は、これが通算5度目(2012年、2013年、2014年、2015年)の受賞。過去4回はU-17やU-20監督としての受賞であり、2016年4月に就任したなでしこジャパンとしては初の受賞となった。AFCは公式ホームページで、「歴史的な受賞である」と称えている。
 
 また、昨年、レスターに所属する岡崎慎司が受賞し、今年はドルトムントの香川真司が最終ノミネートされていた『アジア国際最優秀選手賞』は、トッテナムに所属する韓国代表FWのソン・フンミンが手にした。
 
 同選手は、昨シーズンに公式戦21ゴールを挙げたほか、今月4日に行なわれたクリスタル・パレス戦(プレミア11節)で、プレミアリーグのアジア人最多得点記録を「20」に更新。名実ともにアジア人最高のストライカーとなっていた。
 
 さらに年間最優秀ユース選手賞にも、韓国人選手のイ・スンウが輝いている。バルセロナユースからバルセロナBへとステップアップした“韓国のメッシ”は、現在はセリエAのヴェローナで活躍する。
 
 そして、年間最優秀選手賞は、先日、浦和レッズとACL決勝を戦い、同大会の得点王(10点)になったアル・ヒラルのシリア代表FWオマル・ハルビンが受賞した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ