【FC東京】以心伝心!? “良いキッカー”太田宏介のCKを仕留めた“怖がらない”山田将之

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年11月27日

「密集の中にも怖がらずに突っ込んできてくれる」(太田)

J1初ゴールを記録した山田(36番)。「太田ならここに蹴る」という信頼関係があっての得点だった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ33節]広島 2-1 FC東京/11月26日(日)/Eスタ
 
「セットプレーでの得点は自分の武器。キッカーさえ良ければ相手DFに勝てる自信はあるので、その特長が出せて良かった」
 
 プロ1年目。J1通算3試合目にして初ゴールを奪った山田将之が、この日のFC東京が挙げた唯一の得点について、事もなげに振り返った。
 
 59分、スコアは1点ビハインド。右CKに合わせて密集地へと勢いよく走り込み、ヘディングでゴールネットを揺らした。
 
 “良いキッカー”だった太田宏介は、この得点をどう感じているのか。「ヤマは密集の中にも怖がらずに突っ込んできてくれる選手」という前置きをして、言葉を続けた。
 
「昨日からヤマだけを狙って、今日もそういうイメージで、ヤマとしっかりと話をしていた。『ストーンを越えたところに入ってきてくれ』と。狙い通りの形でした。
 
 まあ僕が良いボールさえゴール前に上げれば、あいつは突っ込んできてくれますから。そういう信頼関係で生まれた得点でしたね」
 
 再び、山田。「欲を言えばセットプレーが何本かあったので、1点に限らず、もっと得点できれば勝てた(CKは4本、FKは13本)」という。そして、「(自分のゴールを)勝ちにつなげられなかったのは非常に残念」と反省も口にした。
 
 ただし、太田は「あいつはいいものを持っているんでね」と評価を落とさない。「若手がどんどん突き上げてきてほしい」とも。チーム力を底上げする新たな競争は大歓迎のようだ。
 
 そんな期待の選手、山田のコメントを最後に。
「もっと経験を積めば必ずチームの中心でやれる自負がある。だからこそ、もっとチャレンジして、今日の反省を踏まえて次に生かしたい」

 なんとも頼りがいのある決意表明だった。
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【広島 2-1 FC東京 PHOTO】ホーム最終戦でJ1残留を決めた広島!試合後はミキッチが涙の退団セレモニー。FC東京の久保はJ1初出場!
【関連記事】
【J1採点&寸評】広島2-1FC東京|稲垣が残留決定弾。注目の久保はデビューを飾るも…
指揮官は久保建英をどう見たか?「周りから信頼され、ボールを預けてもらえるように…」
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
久保建英がJ1デビュー! 圧巻の狙いと狙い通り飛ばなかったボール
【小宮良之の日本サッカー兵法書】久保建英も例外ではない! 若手の台頭は正しい手順を踏むべき

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ