指揮官は久保建英をどう見たか?「周りから信頼され、ボールを預けてもらえるように…」

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年11月27日

「正直、同点の場面で彼を入れたかった」

各所から評価の高かった久保。さらなる飛躍へ、安間監督は「味方に信頼されるように」と注文を出した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ33節]広島 2-1 FC東京/11月26日(日)/Eスタ
 
「(久保建英をどうプレーさせたいという意図があったのか?)特にないですよ。自由にやってもらえばいいと思う。ボールを持てば良いプレーをするし、ポジショニングも素晴らしい。別に僕から『何かをしてほしい』ということはない」
 
 チームメイトの髙萩洋次郎の久保評だ。ゲーム開始前から耳目を集めた「久保はどのタイミングでJ1デビューするのか?」という疑問は、67分に結論が出されたわけだが、堂々とした“プロサッカー選手”像を披露した16歳に対して、同じプロサッカー選手からもその評価は高いようだ。
  
 16歳5か月22日でのJ1デビューは歴代3番目の若さ。ちなみに最も若いのは15歳10か月6日の森本貴幸(当時東京V、現川崎)で、次点には宮吉拓実(当時京都、現広島)の16歳1か月14日がランクインする。
 
 輝かしい才能を持つ少年は、「緊張しなかった」と試合後に振り返った。交代は広島に勝ち越しを許した直後、永井謙佑に代えての投入となったが、安間貴義監督は「正直、同点の場面で彼を入れたかった」と本心を打ち明けている。その姿は指揮官の目にどう映ったのだろうか。安間監督の言葉からは、決して「久保J1デビュー」が世間に向けた大々的なパフォーマンスではなかったことが窺える。
 
「中盤でミスが出てなかなかボールが落ち着かなかったので、中盤(での優位性)を取り戻すために彼には『たくさんボールを触ってくれ』と話した。見ての通り、彼のところでボールをしっかりと前に運べ、溜めることもできたので、十分だったかな。
 
 それ以上にドリブルでの仕掛け、周りを上手く活かし、しっかりと状況判断をしながらプラスアルファで要求以上のプレーをしてくれていたと思う。ただし、味方に信頼され、自分のほしいタイミングでボールを預けてもらえるようにもっと意思表示していく必要がある」
 
 押し込まれていた状況で、さらに1点ビハインド。無策に勝利を目指して前掛かりになり過ぎれば選手間が間延びして、さらに広島にボール支配を許す悪循環になりかねない。
 
「中盤を改めて作ったうえで、前線につなげていく」(安間監督)という、解決策としての久保投入。その存在が世間を賑わすためだけの“道化”では決してないことは、ピッチ上でのプレーが雄弁に物語っていた。
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【広島 2-1 FC東京 PHOTO】ホーム最終戦でJ1残留を決めた広島!試合後はミキッチが涙の退団セレモニー。FC東京の久保はJ1初出場!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ