広島が稲垣の勝ち越し弾で残留決定!甲府と直接対決でドローの大宮はJ2降格…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月26日

いったんは追いつかれるも、執念の勝ち越し。

前半終了間際の45分に広島の柴崎が先制ゴールを挙げる。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは11月26日、33節の8試合が開催された。

 J1残留争いは、15位の広島がFC東京に勝利。16位の甲府と17位・大宮の直接対決は0-0のドロー、さらに14位の清水は降格が決定している18位の新潟に2-3で敗れた。この結果、広島のJ1残留と、大宮のJ2降格が決定している。

【PHOTO】ホーム最終戦でJ1残留を決めた広島!試合後はミキッチが涙の退団セレモニー。FC東京の久保はJ1初出場!

 ホームのエディオンスタジアム広島にFC東京を迎えた広島は、前線からプレスを仕掛け主導権を握る。そして前半終了間際の45分には柴崎晃誠が先制ゴールを奪う。迎えた後半はFC東京の反撃を許し、59分には山田将之に同点ゴールを奪われてしまうが、66分、広島は稲垣祥がペナルティエリア手前から豪快なシュートでネットを揺らし、勝ち越しに成功。このまま1点差を逃げ切った広島が2-1で勝利した。

 一方、NACK5スタジアム大宮で行なわれた大宮対甲府の一戦は、両者決め手を欠く展開で、結局最後までゴールは生まれず、スコアレスドローに終わった。

 14位の清水は、最下位の新潟を相手に、前半に金子翔太、北川航也のゴールで2点を先行。優位にゲームを進めるが、後半終盤に暗転。71分にホニのゴールで1点差に詰め寄られると、85分には加藤大に同点弾を叩き込まれ、89分には酒井宣福にまさかの逆転弾を許してしまう。試合は、このまま2-3で新潟が逆転勝利を飾った。

 この結果、15位の広島は勝点33としてJ1残留を決定。14位の清水は勝点31のままで残留決定ならず。広島に抜かれ、15位に後退した。一方、16位の甲府と17位の大宮は勝点1ずつを上積みしたにとどまり、甲府は勝点29で今節の降格は免れたが、大宮は勝点25でJ2降格が決定した。

 最終戦にJ1残留が懸かる2チームは、15位の清水と16位の甲府。最終節で清水は敵地で神戸と、甲府はホームで仙台と対戦する。
 
【関連記事】
【Jリーグ監督人事】ペトロヴィッチ、ネルシーニョがJで再就職? G大阪は育成手腕に長けたブラジル人監督か
Jで現役続行を希望!“語らない男”ミキッチは広島での9年で何をもたらしたのか?
【大宮】石井監督就任もカンフル剤にならず… 脆さばかりが表出する最悪の敗戦に
【ACL決勝】敵将ディアスがサウジ代表監督に!? 母国アルゼンチンの有力紙が伝える
【ACL】「もう辞めようかな(笑)」念願のタイトル獲得に興梠慎三は安堵の表情

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ