心無い人種差別投稿に浦和のR・シルバが激怒! 「こんな低レベルな内容で僕は止められない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月20日

猿や中指の絵文字が続々と送られて…。

敵地でのアル・ヒラル戦では殊勝な活躍を示したR・シルバ。そんなストライカーに心無いコメントが送られ……。 (C) Getty Images

画像を見る

 クラブ史上2度目のアジア制覇を目前にする浦和レッズ。そんなチームの急先鋒であるラファエル・シルバは、自身のインスタグラムに寄せられた差別的なコメントに怒りを露わにしている。
 
 現地時間11月19日にサウジアラビアのリヤドで行なわれた第1レグを1-1で終えた浦和。この試合でチームに貴重なアウェーゴールをもたらしたのは、R・シルバだった。
 
 開始7分、長澤和輝のパスを受けてドリブルで中央に切れ込みシュート。そのこぼれ球を自ら反応して押し込んだのだ。
 
 10年ぶりのアジア制覇を手繰り寄せる一撃を見舞ったストライカーに対する僻みなのか。試合直後からR・シルバのインスタグラムには、猿や中指、さらにバナナや黒い足跡の絵文字が多く投稿された。いずれも、人種差別的な意図をもって送られたものだ。
 
 それらを書き込んだアカウントを追跡するとプロフィール欄にサウジアラビア国旗、アイコン画像にアル・ヒラルのエンブレムを設定しているものが多く見られた。その全てがアル・ヒラルのサポーターによるものではないが、相手方から差別を受けたことは明らかだった。
 
 この嘆かわしいコメントの数々に堂々と反論したのは他でもないR・シルバだ。普段はポルトガル語で投稿をするブラジル人FWは、公開後24時間で消滅するインスタグラムの「ストーリー機能」を使って英語のコメントを公開した。
 
「まだこの世界に人種差別主義者がいることを知って悲しんでいる。あなたたちは、僕のことを呼びたいように呼べばいい。僕は黒人ということに尊厳があり、自分の肌の色に完全なる誇りを持っている。あなたたちでは傷つけることはできないだろうし、こんな低レベルな内容で、僕を止めることなんてできない」
 
 文末には、猿やバナナの絵文字を笑い飛ばす顔文字がつけられており、R・シルバはレイシストたちに屈しない姿勢を示している。
 
 屈辱的な差別行為に対して真っ向から立ち向かったR・シルバは、人種差別者たちの鼻をあかす活躍を披露できるか。運命の第2レグは、11月25日に埼玉スタジアムで幕を開ける。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ