【ACL】10年前の歓喜を知る阿部勇樹が「相手の特長は掴んでこれた」とドローに手応え

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月19日

「ホームの埼玉スタジアムに戻ってしっかり生かしたい」

CBでフル出場した阿部は、「次で勝ったほうが優勝。成し遂げられるように頑張りたい」と第2戦での必勝を誓った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ACL決勝 第1戦]アル・ヒラル 1-1 浦和/11月18日(日本時間19日未明)/リヤド(サウジアラビア
 
 浦和がアジア制覇に一歩近づいた。現地18日に行なわれたACL決勝の第1戦で1-1の引き分け。開始7分にラファエル・シルバが貴重なアウェーゴールを奪うと、アル・ヒラルの反撃を1点に抑えてドローで試合を終わらせた。
 
 10年前のACL優勝を知る阿部勇樹は、試合後のフラッシュインタビューで「勝点を持って帰るのが目標だったので、最低限の結果は残せたんじゃないかと思います」とコメント。さらに、「次で勝ったほうが優勝。多分そうだと思うので、成し遂げられるように頑張りたいと思います」と第2戦への意気込みを語った。
 
 アル・ヒラルの攻撃陣は強烈だったが、阿部によれば「時間が経つにつれて相手の特長は掴んでこれた」という。実際に、後半は相手のサイドチェンジやパスワークにしっかり対応し、攻め込まれる回数も減っていった。「それはホームの埼玉スタジアムに戻ってしっかり生かしたい」とも語っており、守備面での手応えを得たようだ。
 
 11月25日に埼玉スタジアムで行なわれるホームゲームでは、勝てば文句なし。引き分けでも0-0ならアジア制覇が決まる。
【関連記事】
【ACL採点&寸評】浦和 1-1 アル・ヒラル|MOMは貴重な先制弾のR・シルバ。好セーブが光った西川も評価
【ACL決勝】浦和が敵地で価値あるドロー! R・シルバが貴重なアウェーゴールを奪取
香川、熊谷、堀監督、さらには石井監督も! アジア年間最優秀各賞に日本から6名が候補に
武藤、ハードワークで勝利に貢献! 大迫は交代出場で奮闘も、ケルンはリーグ10敗目…
【ACL】浦和vsアル・ヒラル、欧州のブックメーカーはどちらが有利と予想したか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ