【選手権予選】土曜日の結果を総まとめ! 静岡、関西などで新たに8校が代表に決定!

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2017年11月18日

強豪校や名門校が続々と本大会に名乗り!

草津東はラストプレーで決勝弾を叩き込み、3年ぶりの選手出場を決めた。写真:安藤隆人

画像を見る

 11月18日、全国高校サッカー選手権大会の地区予選決勝が各地で開催され、新たに8校が本大会行きを決めた。

 この日最注目となった静岡決勝は静岡学園と清水桜が丘が対戦。伝統校同士の一戦は最後まで目が離せない展開となった。前半30分に静岡学園の渡井理己(徳島ヴォルティス入団内定)が巧みなドリブル突破からシュートをねじ込めば、負けじと清水桜ケ丘も前半終了間際に同点に追いつく。後半に入っても拮抗した展開が続き、勝負の行方はPK戦に。6人目までもつれる大熱戦となったが、清水桜が丘がこれを4-3で制した。清水桜が丘は学校統合のため清水商から校名変更を行なって以降、初の選手権出場となる。

 他では強豪校が順当に勝ち上がった。山梨決勝は山梨学院が帝京三を撃破。幸先よく宮崎純真が先制弾を奪うなど前半だけで2-0とした。後半に入っても勢いは止まらず、天野菖吾が2点を加点。1点を返されたものの、インターハイ予選決勝で2-0から逆転負けを喫した相手にリベンジを果たし、09年度の選手権王者が2年連続の檜舞台に駒を進めた。一方、愛知決勝は中京大中京が東海学園を1-0、山口では高川学園が西京を3-2で下し、凱歌を上げている。

 関西でも勝ち名乗りを上げたのは強豪校だ。京都決勝では京都橘が県下のライバル・久御山と対戦。前半こそ得点を奪えなかったが、後半10分に土井翔太がCKから決勝弾をねじ込んで全国行きを決めた。滋賀決勝では草津東とインターハイの代表校・近江が対峙。拮抗した展開となるなか、後半のラストプレーで試合が動く。草津東の上野広人が値千金弾を蹴り込み、3年ぶりの大舞台をたぐり寄せた。和歌山決勝では初芝橋本が延長戦にもつれながらも近大和歌山を3-2で撃破し、出場権を獲得。奈良決勝では昨年の代表校・一条が伝統校の奈良育英を2-2からのPK戦(5-4)で振り切り、2年連続で代表校の座を掴んだ。

 これで出場権を手にしたのは40校。明日は埼玉、茨城、広島、熊本で決勝が行なわれる。
【関連記事】
いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器
【総体】フットボールIQがマジでスゴい! 青森山田・郷家友太はやっぱり“怪物”だった
【総体】安藤瑞季はどれほどの怪物なのか? 恩師・小嶺監督に訊いた「進路と真価」
ガンバスカウトに訊く「東福岡のナンバー10、福田湧矢のどこに惹かれた?」
ACL決勝を控える浦和。ユースの3選手が来季からトップ昇格!【J新卒内定選手一覧】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ