【U-17W杯】日本を下したイングランドが優勝! スペイン相手に0-2からの5発で大逆転!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月29日

6月のU-20W杯に続く2冠達成! まさに黄金時代の始まり

圧倒的な攻撃力で大会初優勝を飾ったイングランド。中央でトロフィーを掲げるのが、ゴールデンボール賞を受賞したフォッデンだ。(C)Getty Images

画像を見る

 10月28日、インドで開催されていたU-17ワールドカップは、イングランドの優勝で幕を閉じた。
 
 スペインとの決勝戦。立ち上がりから動きに硬さが見られたイングランドは、敵の素早いパスワークに翻弄され、10分、31分とセルヒオ・ゴメスにゴールを奪われてしまう。だが、それで開き直ったのか、ヤングライオンズはラウンド・オブ16の日本戦でも見せた重厚なポゼッションでスペインを押し込み、そこから猛反攻を仕掛ける。
 
 前半終了間際にリアン・ブリュースターが得点王を決定づける大会8点目を奪うと、後半は足の止まったスペインを一気に畳みかけた。58分、64分の連続ゴールで逆転すると、その後は守備を固めてカウンターの機会を窺う試合巧者ぶりで、84分、88分にダメのダメを押す。シュート数は24本対11本で、前半で圧倒されたポゼッションも最終的には、52%対48%で上回った。
 
 試合は5-2で終了。フットボールの母国にとっては悲願のU-17ワールドカップ初制覇で、6月に開催されたU-20ワールドカップとのダブルクラウン(2冠)を達成した。ドイツやフランス、スペインが凌駕してきた育成年代に風穴を開け、黄金時代の到来を予感させている。
 
 7試合で23得点を奪って戴冠したイングランド。日本は0-0からのPK戦で敗れ去ったが、その驚異的な攻撃力を誇る強豪を大会で唯一完封し、もっとも苦しめたチームだったと言える。日本戦を除くイングランドの1試合平均得点数は、実に3.83点だ。
 
 なお、決勝に先立って行なわれた3位決定戦は、ブラジルがマリを2-0で下した。ブラジルはフェアプレー賞も受賞している。
 
 大会MVPのゴールデンボール賞には、イングランドの切り込み隊長のフィリップ・フォッデンが選ばれ、シルバーボール賞はスペインのセルヒオ・ゴメスが、ブロンズボール賞はブリュースターがそれぞれ受賞。得点王は8得点を挙げたブリュースターが獲得している。
 
 
 
【関連記事】
「グッドルーザーだ」「イングランドを追い詰めた」欧米メディアがU-17日本代表の健闘を称える
【U-17W杯】綱渡りの勝利にイングランド指揮官「日本は本当にタフで、強力な敵だった」
【U-17W杯】英紙が示した日本戦勝利のポイント「イングランドはクーリングブレイクに救われた」
最強スペインはここが違う! U-17W杯期間中も選手たちは「文武両道」を貫く
【U-17W杯】「世界への旅は続く」。森山監督が選手たちに送った言葉

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ