「チェルシーなんて麻薬ディーラーの銃に比べれば…」ブラジルの俊英が驚嘆発言!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月20日

チェルシーとの大一番を前にした英紙の取材に思わず…。

堂々たるパフォーマンスでプレミア4位に位置するワトフォードを牽引するリシャルリソン。チェルシー戦でもそのプレーから目が離せない。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレースタイルと同様に、そのメンタリティーもやはり相当に肝っ玉が座っているようだ。ワトフォードに所属するブラジルU-20代表FWのリシャルリソンが、昨シーズンのプレミアリーグ王者であるチェルシーとの一戦を前に驚嘆発言をしている。
 
 リシャルリソンは今夏の移籍市場でミランやマンチェスター・U、インテル、アヤックスなども狙うなか、ワトフォードがブラジルの名門フルミネンセから1240万ユーロ(約16億円)を払って引き抜いた逸材だ。
 
 そのメガクラブ垂涎の実力は確かなもので、プレミアリーグ8試合全てに出場し、早くも3ゴール・2アシストをマーク。最大の武器であるスピーディーなドリブルは、名うての守備者が揃うプレミアリーグでも十分に通用することを証明している。
 
 そんなブラジルの俊英は、現地時間10月21日のチェルシー戦(プレミア9節)を前に高いパーソナリティーを見せつけている。英紙『テレグラフ』のインタビューで、「プレミア王者は恐いか?」と問われ、次のように発言したのだ。
 
「チェルシーが恐いかって? 僕はドラッグディーラーに銃口を顔面へ突き付けられたこともある。それに比べれば、大した相手じゃないね」
 
 このコメント通り、その生い立ちはかなり過酷だったようだ。ブラジルの東南に位置するエスピリト・サント州ビラ・ルビアという街に生まれ、「ドラッグを目にしたり、銃声が響くことが日常茶飯事だった」という環境で育ったというリシャルリソンは、当時のことを次のように回想している。
 
「本当に貧しかったし、僕の小さな家には栽培した麻薬を隠す裏庭もあったほどだ。それは僕の友だちのものだったから触れることはなかったけどね。その彼はいま刑務所にいるよ。とにかく荒れ果てた地域だった」
 
 そんな環境下でも必死に暮らしていたリシャルリソンは、兄弟とともにアイスクリームやチョコレートを販売して生計を立てながらサッカーを始め、警察官だったという地元サッカーチームのコーチの助言もあり、道を踏み外すことなく真っ当な道を歩んだ。
 
 その後は紆余曲折あり、18歳になる2015年にアトレチコ・ミネイロでプロキャリアをスタートさせたリシャルリソン。加入初戦度からブラジル2部リーグで24試合に出場し、9ゴール・4アシストをマーク。翌年にはフルミネンセに移籍して一気に台頭した。
 
「夢だった」というプレミアリーグの水にも難なく馴染み、その才能をいかんなく発揮しているリシャルリソン。この恐れ知らずのヤングスターは、チェルシー戦でヒーローとなれるか。大いに注目だ。
 
【関連記事】
11月の日本戦で代表デビューか? プレミアで躍動するブラジル人FWが必見!
【コラム】バロテッリはバロテッリのまま…イタリア代表復帰は夢で終わるか
U-17W杯で活躍中の「ロマーリオ2世」を巡ってクラシコ勃発!?
“チリ人妻”アニータが母国代表GKとの情事を告白…「彼の身体にはお金を払う価値がある」
ドイツ代表GKが美人彼女とパリ・デートを満喫。しかし、肝心のピッチでは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ