【ACL】浦和の決勝の相手、アル・ヒラルの指揮官はJ初代得点王に輝いたあのレジェンド

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月19日

決勝は11月18日、25日に開催。

浦和は、Jリーグ初代得点王のラモン・ディアス氏が率いるアル・ヒラルと激突することに。(C) Getty Images

画像を見る

 10月18日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝で上海上港を2戦合計2-1で下した浦和レッズが、見事に10年ぶりの決勝進出を果たした。日本勢としても2008年のガンバ大阪以来、9年ぶりとなる。


 浦和が決勝進出を決めた前日の17日には、西地区の準決勝を勝ち上がったサウジアラビアのアル・ヒラルが決勝進出を決めている。アル・ヒラルはイランのペルセポリスをトータルスコア6-2(4-0、2-2)で下した。

 そして、この浦和の決勝の相手、アル・ヒラルの指揮官を務めるのが、かつて横浜マリノス(当時)に所属し、Jリーグの初代得点王に輝いたラモン・ディアス氏だ。95年シーズン途中に横浜Mを退団し、そのまま引退したディアス氏は、翌年から早くも監督として辣腕を振るい始めている。

 自らの古巣であるリーベル・プレートでは、コパ・リベルタドーレスや南米スーパーカップなどのタイトルを獲得、2014年から16年まではパラグアイ代表を率い、今季から指揮を執るアル・ヒラルでもACL決勝進出と結果を残した。

 アル・ヒラルは、多数のサウジアラビア代表選手を抱える国内屈指の強豪。ディアス監督は「一人二人の個人ではなく、我々はチームとしての団結力を強みにしている」と語っている。

 浦和が10年ぶりのACLタイトルを掴むためには、このJリーグに名を残した偉大なレジェンドの壁を乗り越えなくてはならない。注目の決勝は11月18日に、アル・ヒラルのホームで、25日に浦和のホームで行なわれる。
【関連記事】
「レッズ戦の敗北を教訓とせよ!」中国メディアが深刻な助っ人依存症にダメ出し
ブラジルの至宝、オスカールが浦和レッズに感服「彼らは自信に満ち溢れていた」
「恥ずべき敗北」「外国籍選手に頼りすぎだ」レッズに敗れた上海上港を中国メディアが糾弾!
なぜ上海上港の強力攻撃陣は沈黙した? 敵将ヴィラス=ボアスが明かした要因は…
【ACL】“フッキ封じ”を完遂した槙野智章。ひりつく展開に「あんなに時計を見たのは久しぶり」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ