広島が残留圏の15位に浮上! AT被弾で痛恨黒星の甲府が降格圏の16位に後退…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月16日

甲府は9分に先制するも後半に逆転を許す。

貴重な決勝点をアシストした広島のパトリック。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグ26節は9月16日、26節の8試合を開催。熾烈なデッドヒートが続く残留争いでは、3試合ぶりの白星を掴んだ広島が残留圏の15位に浮上した。


 前節終了時で17位の広島はC大阪と対戦。70分にカウンターからフェリペ・シウバがパトリックからのリターンパスを左足で決め、これが決勝点に。貴重な勝点3を得た。

 16位の大宮は、G大阪を相手に終盤まで2-1とリードしながら、アディショナルタイムの90+4分にG大阪の長沢駿に同点ゴールを奪われ、痛恨のドロー。勝点1を上積みするにとどまる。

 また15位の甲府は、9位の鳥栖と対戦し、9分にリンスのゴールで先制するも、65分に同点を許すと、後半アディショナルタイムにはイバルボの強引な突破からキム・ミンヒョクに逆転弾を決められてしまう。結局2-1で鳥栖が勝利し、甲府は勝点21にとどまった。


 この結果、広島が勝点23で残留圏の15位に浮上。以下、16位に勝点21で甲府、17位に甲府と同勝点で大宮、18位に勝点11で新潟となった。
【関連記事】
杉本ら攻撃陣不発のC大阪が痛恨の敗戦… 広島は残留圏浮上へ貴重な勝点3
川崎が3発快勝! ACLショック乗り越えた選手に指揮官「気持ちを出してくれた」
鹿島が0-2からの大逆転劇!レアンドロのハット&金崎夢生のPKで新潟を粉砕
台風18号の影響でJリーグ3試合の開催中止・順延が決定
「完璧なお膳立て」「ほぼイヌイのゴールだ」決勝アシストの乾貴士をスペイン各紙が称賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ