ネイマール、エムバペ、カバーニが揃い踏み! パリSGが5発でCL圧勝スタート!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月13日

セルティックを圧倒したパリSG。

序盤からホームチームを圧倒したパリSGは、自慢の3トップが躍動した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間9月12日、セルティック・パークでチャンピオンズ・リーグのグループステージ第1節のセルティック対パリ・サンジェルマンが開催された。
 
 今夏の移籍市場で大型補強を展開したパリSGのパフォーマンスに大いに注目が集まった一戦は、そのフランスの名門が期待に違わぬ実力を見せつける。
 
 序盤からボールを支配し、セルティックを自陣に貼り付けにしたパリSGは、19分にさっそく均衡を破る。ハーフウェーライン付近でボールを持ったアドリアン・ラビオの敵ゴール前へのスルーパスに抜け出したネイマールが冷静にゴールへと流し込んでネットを揺らしたのだ。
 
 今夏の移籍市場で史上最高額の値がついたブラジル代表FWの得点で試合を動かしたパリSGは、なおもセルティックを攻め立てて、34分に追加点を挙げる。
 
 右サイドを攻め上がったマルコ・ヴェッラッティのクロスボールをネイマールがヘディングで落とすと、そのボールをキリアン・エムバペが右足で豪快に押し込んだ。
 
 新戦力が期待通りの働きを見せて、スコットランド王者を圧倒したパリSGは、前半終了間際に早くも試合を決定付けるような一撃を見舞う。40分、相手CBのヨゾ・シムノビッチに倒されて得たPKをエディソン・カバーニが落ち着いて決めたのだ。
 
 自慢の3トップの得点でホームチームを突き放したパリSGは後半も素早く、正確なパスワークを披露して試合を支配する。一方のセルティックは両ウイングを起点に敵陣へと攻めに出るも、ゴール前でプレー精度を欠いて相手守備陣を脅かすにはいたらなかった。
 
 後半も試合を優位に進めたアウェーチームは83分に途中出場のユリアン・ドラクスラーのクロスボールが、相手CBのミカエル・ルスティグのオウンゴールを誘発して4点差とする。
 
 相手の戦意を完全に喪失させたパリSGは、さらに85分にも左サイドをオーバーラップしたレイバン・クルザワのアーリークロスをファーサイドでカバーニが詰めて5-0とした。
 
 残り時間も巧みなパスワークで時間を経過させたパリSGは、最後までセルティックを寄せ付けず。試合は結局、5-0でアウェーチームが大勝した。
 
 悲願のチャンピオンズ・リーグ制覇に向けてこれ以上ないスタートを切ったパリSG。次節は本拠地パルク・デ・プランスで、バイエルンを迎え撃つ。
 

欧州サッカークラブ選手名鑑の完全版!
『2017-2018ヨーロッパサッカー・トゥデイ』
定価:1204円+税/発売:2017年9月8日
インターネット販売はこちら

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ