【ルヴァン杯】C大阪が初のベスト4!アウェーゴールで前回王者の浦和を撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月03日

CKで1点目を選出し、FKで2点目をゲット。

丸橋の直接FKは、スピード、コースともに抜群だった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァンカップ準々決勝・第2戦]浦和2-2C大阪/9月3日/埼玉
 
 ルヴァンカップ準決勝・第2戦の浦和対C大阪が3日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2-2の引き分けに終わった。

【ルヴァン杯PHOTO 浦和2-2C大阪】前半に2点を決めたC大阪がアウェーゴールの差で初の準決勝進出!

 この結果、2戦合計2-2(第1戦=0-0)ながら、アウェーゴールルールでC大阪が準決勝に駒を進めた。
 
 C大阪は開始10分、丸橋祐介のCKを山村和也がすらし、マテイ・ヨニッチがヘッドで合わせて先制。さらに44分に丸橋が直接FKを沈め、2-0で前半を折り返す。
 
 後半に入ると浦和に押し込まれ、48分に武藤雄樹、71分に興梠慎三にゴールを奪われたが、なんとか逆転弾は許さずに2-2で試合を終わらせた。
 
 2ゴールに絡んだ丸橋は、「良い準備をして次も勝ちたい」と準決勝に向けて意気込みを語った。注目の準決勝は10月4日と8日、G大阪対神戸の勝者と対戦する。
【関連記事】
【ルヴァン杯】仙台がクラブ史上初の4強入り!鹿島は怒涛の反撃も及ばず。2戦合計4-5で敗戦
【セルジオ越後】山口蛍、今野、そして井手口…Jリーグ勢がW杯に導いた
日本突破に韓国メディアの反応は?「両国の運命は大きく変わった」「ハリルホジッチは正しかった」
日本代表、井手口陽介のルーツを辿る~その才能はいかにして磨かれたのか(前編)
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ