浦和守備陣を翻弄した「トルコのメッシ」がセルタへ移籍!

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月30日

インテル移籍が破談に終わり…。

今夏に日本で行なわれた浦和とのプレシーズンマッチでは2ゴールを挙げていたエムレ・モル。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月29日、セルタはドルトムントからトルコ代表MFのエムレ・モルを獲得したことを公式サイトで発表した。契約期間は2022年6月までの5年。スペイン紙『マルカ』によれば移籍金は1300万ユーロ(約16億6400万円)だという。
 
 現在20歳のエムレ・モルは、2015年にデンマークのノアシェランでキャリアをスタートし、169センチと小柄で、類まれなテクニックを有することから『トルコのメッシ』と評されてビッグクラブの注目を浴び、2016年夏にドルトムントに移籍した。
 
 トルコ代表としてもEURO2016のメンバーに選出されるなど活躍しているエムレ・モルは、今夏に行なわれたドルトムントのプレシーズンマッチで来日。浦和レッズ戦では日本代表DFの槙野智章を出し抜いて2ゴールを奪ってもいた。
 
 しかし、打開力は一級品だが、ボールを持ちすぎる悪癖を改善できず、ドルトムントではペテル・ボシュ新監督の下でも引き続きバックアッパー扱いが濃厚に。そこで今夏は移籍先を模索し、インテルやフィオレンティーナ、トリノなどイタリアのクラブが注目した。

 とりわけ、インテルは熱心でドルトムントとのクラブ間合意には達していたとドイツの複数メディアに報じられていた。だが、ドイツ紙『ビルト』によれば、個人交渉に入ったものの、代理人の要求額がネックとなって破談に終わったという。
 
 そんな中でセルタ入りを決めたエムレ・モル。すでにメディカルチェックも終えて、「ゴールとアシストを決めて、できるだけ多くの試合に勝ちたい」と意気込んでいる。早ければ9月10日に本拠地で行なわれるアラベス戦でリーガ・デビューを飾る見込みだ。
【関連記事】
「大一番は慣れている」柴崎岳が2年ぶりの代表復帰で逞しさを垣間見せる
「僕はネイマールの後釜じゃない」バルサ移籍のデンベレが早くも予防線…
アルゼンチンの救世主に? イグアインの代役候補に浮上した来日経験もあるFWとは
デンべレ獲得でもまだ終わらないバルサの戦力補強! パリからの“ドミノ効果”は!?
豪州代表の正守護神が、オカザキシンジに果たし状!「あの厄介な動きを封じ込む」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ