「ケイスケ・ホンダがチビッ子ファンを無視した」を検証する

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月27日

あの状況下でも“神対応”が求められる!?

少年にがっちり腕を掴まれている本田。不意を突かれ、少し驚いたような表情を見せている。(C)Getty Images

画像を見る

 パチューカでのデビュー戦(現地時間8月22日)でいきなり鮮烈ゴールを決めた日本代表MF、本田圭佑。その試合直後にちょっとしたハプニングがあった。メキシコ国内の複数のメディアがそこでの本田の振る舞いを問題視。彼が「サインを求めるチビッ子ファンを無視した」というのだ。YouTube上に動画がアップされ、すでに何万回も再生されている。
 
 例えば、サッカーサイト『90min』の記事内容はこうだ。
 
「デビュー戦で素晴らしい活躍をしたケイスケ・ホンダだが、いい話ばかりではない。試合直後の振る舞いをテレビカメラがしっかり映し出していた。ピッチに入ってきてサインをねだったチビッ子ファンを無視したのである。子どもたちはみんな選手のサインが欲しいもの。腕を引っ張ってみたが上手く行かなかった。じつに拙い対応と言うほかない」
 
 これだけを読むと本田が素っ気ない態度を取ったように感じられるが、映像をよく見てみると、まったくそんなことはない。
 
 まず、写真を見ても分かるように“チビっ子”と言うほど幼い印象は受けない。本田が選手たちとハイタッチを交わしている最中、ファンがピッチに乱入してきて強引に腕を掴んできたのだ。実際にセキュリティーが必死の形相で止めに入っている。そもそも、サインを欲しがっているようにも見えず、少し触れ合いたかっただけなのかもしれない。本田にしてみれば欧州でも慣れっこの光景だったはずで、むしろ穏やかに対応しているように映る。
 
 あのような状況でも、メキシコ・リーグでは“神対応”が求められるのだろうか。なんとも本田が気の毒である。
 
【関連記事】
豪州代表が抱えるひとつのジレンマ「日本戦を前に答を出さなければいけない」
「ホンダは筋金入りのエリートだ」パチューカ監督がデビュー弾の本田圭佑を絶賛!
【セルジオ越後】オーストラリア戦はハリルの度胸が試される。先発で杉本を使うべきだ
豪快デビュー弾の本田圭佑を地元メディアが賞賛「絵に描いたような美しいショット」
【日本代表|ポジション別序列】本田と久保が熾烈な争い。期待値の高い柴崎、杉本の位置付けは?|MF&FW編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ