内田篤人の獲得にドイツ2部クラブが名乗り!? 指揮官はかつて薫陶を受けたあの…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月21日

初のブンデス1部昇格に邁進する、旧東ドイツの古豪。

8月31日の移籍市場最終日までに決まるか。内田の動向に注目が集まる。(C)Getty Images

画像を見る

 7シーズンを過ごしたシャルケ04からの退団が有力視される日本代表DF、内田篤人。その新天地について、ドイツの『BILD』紙が新たな可能性を報じている。
 
 獲得に本腰を入れそうなのが、ドイツ2部クラブの1FCウニオン・ベルリンだ。旧東ドイツの古豪で、安定した経営基盤をベースに近年はチーム強化が進み、昨シーズンは2部で4位に躍進した。今シーズンは初のブンデスリーガ昇格を現実的な目標として捉え、経験豊富な内田に白羽の矢を立てたというのだ。
 
 同紙によると、「ウニオンは右サイドバック、クリストファー・トリメルと定位置を争える即戦力を探してきた。ウチダは格好の人材で、ブンデスリーガと日本代表での確かな実績はクラブが必要とする側面だ」と記した。
 
 現在の監督はイェンス・ケラーで、かつて2012年10月から2年間、シャルケで指揮を執った。内田に全幅の信頼を寄せた人物で、「ケラー自身が強い関心を寄せている。彼ならウチダを上手く活用できるだろう」と書き添えている。
 
 ウニオンは開幕したブンデスリーガ2部で、2勝1分けと好発進。FWセバスティアン・ポルターやMFフェリックス・クロースらが主軸を担う。
 
 はたして刻々と迫る移籍市場のタイムリミットまでに、内田の新天地は決まるのか。ウニオンもひとつの有力候補なのは間違いなさそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ