• トップ
  • ニュース一覧
  • 【総体】前代未聞の珍事が2回戦で発生! 一度はタイムアップも試合が再開、なんと「30秒間」延長され…

【総体】前代未聞の珍事が2回戦で発生! 一度はタイムアップも試合が再開、なんと「30秒間」延長され…

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月30日

主審から第4審判への伝達に不備が。

優勝候補の昌平を逆転で破った日大藤沢。まさか2度に渡って「歓喜のタイムアップ」を迎えようとは……。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 7月30日、全国高校総体(インターハイ)の2回戦、昌平(埼玉)対日大藤沢(神奈川)戦でちょっとしたハプニングが発生した。
 
 日大藤沢が2-1とリードして迎えた後半アディショナルタイム。同点を狙う昌平はCKを獲得し、最後の攻勢を仕掛ける。しかしゴール前で合わせられず、ボールはクリアをされ、ペナルティーアーク付近に転がった。これに、MF山下優希が反応する。まさにフリーでシュートを撃とうかというその瞬間、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
 
 チャンスを掴もうかというタイミング。しかも表示されたアディショナルタイムは4分で、この時点での経過タイムは3分30秒より前だった。笛が鳴るのが少々早かったのは確かだ。
 
 昌平側が短さを抗議すると、なんと主審は終了のホイッスルを覆し、プレー再開を指示。ゴール前での昌平ボールから再び始まることとなった。すると今度は、日大藤沢ベンチが審判団に異議を唱えてストップ。結果的にアディショナルタイムの表示を第4審に伝え間違っていたため(正しくは3分が4分と伝わった)、昌平のリスタートから試合が再開された。
 
 不可解な判定にスタンドはざわついたが、なんとかこの窮地を凌いだ日大藤沢。およそ40秒後に2度目の終了のホイッスルが鳴り、3回戦進出を決めた。
 
 日大藤沢は2度の歓喜を、昌平は2度の落胆を味わうことに……。好勝負を繰り広げていた両雄だけに、後味の悪さが残る結末となってしまった。

【インターハイPHOTO】昌平が敗れる波乱・・青森山田、市立船橋、流経大柏らが2回戦突破!
【関連記事】
【高校サッカー勢力図】総体出場選手数・都道府県ランキング|東京は2位、流経&市船が代表の千葉は10位、サッカーどころ静岡は…
【総体】Jスカウトが集結するなか、存在を誇示した安藤瑞季「インターハイは人生を変える」
【総体】目ざすは兄と同じプロの舞台! 選手権でのリベンジを誓う香川のイケメンFW
【総体】前橋育英が誇るプロ内定の逸材!渡邊泰基の武器はロングスローだけじゃない
【総体】編集部厳選! 宮城インターハイを彩る必見タレント~MF編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ