【天皇杯】勝負を決めた超低空ヘッド! 筑波大・中野が苦笑いで「足で行ったら外してしまう気が…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月12日

1点目は「その前に同じようなボールが来ていた」

殊勲の2ゴールを挙げた中野。ふたつのヘディングシュートとも難しい状況からねじ込んでみせた。写真:竹中玲央奈

画像を見る

[天皇杯3回戦]筑波大 2-1 福岡/7月12日/K'sスタ

 2回戦でJ1のベガルタ仙台を下した筑波大が、今度はJ2食いをやってのけた。


 第97回天皇杯全日本サッカー選手権は7月12日に、3回戦が各地で行なわれ、茨城県代表の筑波大がJ2のアビスパ福岡に2-1で勝利した。

 この試合で2ゴールを挙げ、勝利の立役者となったエースストライカーの中野誠也は、ふたつのヘディングによるゴールを試合後のフラッシュインタビューで振り返っている。

 まず69分の先制点は、西澤健太からのクロスを、やや下がりながらの難しい体勢で身体をひねりながら頭で押し込んだ。このゴールには、その直前に伏線があったようだ。
「(ゴールの)その前に1回、同じようなボールがあって、良い感触があった。次こそ決めてやるという気持ちでいって、それがゴールにつながったので良かった」

 そして、結果的に勝負を分けるゴールとなった79分の2点目は、膝付近の高さのクロスボールを足ではなく、頭で地面に叩きつけてゴールネットに突き刺した。これには、中野も苦笑いで、「足で行ったら外してしまう気がしたんで……。面が大きい頭で行こうかなと思って、頭から飛び込みました」と語った。

 梅雨空のもと、雨が降りしきるなか行なわれたゲームで、ピッチ状態はかなりスリッピーになっていただけに、中野も「あの場面では意外と冷静で、しっかり頭でいけて良かった」と、確実に頭で押し込むという判断ができたことを喜んだ。

 これで筑波大は4回戦進出が決定。中野は「次の試合があるのは光栄なことなので、また良い準備をして戦いたい」と語り、さらなる躍進を誓った。
【関連記事】
筑波大はなぜJクラブを3連破できたのか? 快進撃の舞台裏と指揮官のビジョンに迫る
【セルジオ越後】天皇杯は“こなすだけの大会”に。プロの意地はどこにいったのか?
才能だけで久保建英は生まれない。元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは
【天皇杯】筑波大がJクラブに3連勝! OB・井原監督率いる福岡に快勝!!
【天皇杯】いわきFCは2度目のジャイキリならず。清水が2-0でJ1の面目を保つ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ