浅野拓磨のシュツットガルト残留が決定! アーセナルから2年連続のレンタルで初のブンデス1部へ

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月23日

自身のブログで、「1日1日を100%で」と意気込む。

欧州2年目もシュツットガルトでプレーすることが決まった浅野。「自分自身のプレー、結果に満足していない」と先を見据える。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ・ブンデスリーガのシュツットガルトは現地時間6月22日、日本代表FWの浅野拓磨が17-18シーズンもクラブに残留することを発表した。
 
 浅野は2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに移籍したが、イギリスの労働許可が下りず、ブンデス2部のシュツットガルトにレンタルされた。欧州1年目となる16-17シーズンは、公式戦27試合に出場。4ゴール・4アシストという結果を残し、チームのリーグ優勝と1部昇格に貢献した。
 
 アーセナル復帰を含めて去就に注目が集まっていたが、英国の労働許可はまだ取得できず、欧州2年目も引き続きドイツでプレーすることが決まった。浅野は22日に自身のブログを更新し、次のように心境を述べている。
 
「来季もシュツットガルトでプレーすることに決めました!色々と考えましたが、2部優勝を果たしたこのチームで、来季1部で戦いたいという思いもあり決断しました。今季の自分自身のプレー、結果に満足していないので、もっといいパフォーマンスが見せられるよう、1日1日を100%で頑張っていきたいなと思います」
 
 また、アーセナルも22日、クラブの公式サイトでレンタル期間の延長を発表。「我々は彼がベストを尽くせるよう願っている」とメッセージを送っている。
 
 浅野は新シーズンを自身初となるブンデスリーガ1部で迎えることになる。ロシア・ワールドカップ出場権獲得まであと一歩に迫る日本代表に定着するためにも、勝負のシーズンになりそうだ。
【関連記事】
久保裕也に名門ポルトが関心! ミラン移籍の「C・ロナウド2世」の後釜に?
乾貴士が「学ぶことは多い」と歓迎。Jリーグがスペイン・リーグとの連携協定を締結
柴崎岳は来季どこでプレーする? もしテネリフェが昇格を逃したら選択肢は…
【黄金世代】第3回・小笠原満男「衝撃のオノシンジ」(#2)
「プロ入りも危うかった」鎌田大地がドイツ移籍を勝ち取るまでの成長物語

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ