グリエーズマンが「困難な時期に移籍するのは卑怯」とアトレティコに男気残留!

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月05日

母国メディアで残留を自ら宣言!

14年の夏にアトレティコに移籍してきたグリエーズマン。以来、シメオネのチームにおいてエースとして君臨している。 (C) Getty Images

画像を見る

 フランス代表FWのアントワーヌ・グリエーズマンは、アトレティコ・マドリー残留を決めたようだ。フランス・メディア『テレフット』で自ら明かした。
 
 今シーズン、公式戦53試合で26ゴールを叩き出したグリエーズマン。アトレティコとは2021年6月までの契約を結んでいるが、その目を見張る活躍ぶりに各国のメガクラブが食指を伸ばしているとされ、とりわけマンチェスター・Uは熱心なオファーをし、英国メディアでは個人合意に達したとも報道された。
 
 グリエーズマン自身も、フランスのテレビ番組で、マンチェスター行きを問われた際に「ありうるね。6割かな」と返答するなど退団が濃厚とされているなかで、フランス代表FWが残留を決意したのは、アトレティコの事情が変わったからだ。
 
 アトレティコは、未成年選手の登録に違反があったとして、FIFAから2017年冬と2018年夏に新たに選手と契約しても、登録できないという処分を受けた。そして6月1日に、その処分軽減の訴えがCAS(スポーツ仲裁所)に棄却され、今夏の市場でも選手補強が出来ないことが決まったのだ。
 
 これを受け、テレフットのインタビューに応じたグリエーズマンは、「判決が下り、アトレティコは補強ができなくなった。僕はスポーツアドバイザーと一緒に、残留することを決断したよ」と残留を明言した。
 
 さらにグリエーズマンは、アトレティコへの愛情ともとれる発言を残している。
 
「今はアトレティコにとって困難な時期だね。そんな時に退団するのは卑怯だと思う。クラブとももう話したし、僕は来シーズンもアトレティコと共に戦う」
 
 まさに男気溢れる残留宣言。さらにグリエーズマンは、「僕の将来に関する質問はちょっとうっとうしいぐらいだったよ」ともコメントしている。
 
 リーガ・エスパニョーラで3位となり、来シーズンもチャンピオンズ・リーグに出場するアトレティコ。補強禁止処分が確定し、戦力の増強が見込めないなかで、エースの残留は何よりの朗報と言えるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ