ニウトンが八面六臂の活躍! 神戸が敵地で今季初の逆転勝ち。札幌は先制及ばず4連敗…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月04日

ニウトンが攻守に大車輪の活躍!

ニウトンの今季初ゴールが決勝点。神戸が3試合ぶりの白星を掴んだ。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ14節]札幌 1-2 神戸/6月4日/札幌ドーム

 ニウトンの攻守にわたる活躍で、神戸が敵地で勝点3を挙げた。

 試合は開始3分、ホームの札幌がCKから都倉の折り返しにジュリーニョが左足で合わせてゴールネットを揺らす。3連敗中の札幌が連敗阻止へ幸先の良い先制ゴールを挙げる。

 しかし、神戸は前半終了間際に大森のクロスに小川がヘッドで合わせ、ゴールに流し込む。神戸が同点に追いつく。

 後半に入ると、ボール支配率で上回る神戸が主導権を握るものの、札幌もカウンターから都倉、宮澤らが決定機を迎えるなど、互角の展開に。しかし、後半アディショナルタイムに入ろうかという90分、神戸は中盤でのボール奪取から素早い攻撃を見せ、最後はニウトンが左足のミドルを札幌ゴールにねじ込んだ。神戸が逆転に成功する。

 終了間際にも神戸ゴール前に押し込んだ札幌だが、神戸は要所でボランチのニウトンが相手ボールに素早いアプローチを仕掛け、ピンチの芽を摘んでいく。

 結局、試合は2-1のままタイムアップ。神戸がアウェーで3試合ぶりの勝利を飾った。神戸は今季初の逆転勝利。一方の札幌は先制点も及ばず、4連敗となった。
【関連記事】
【セルジオ越後】U-20W杯で大きな宿題を残した日本。いまA代表に一番近いと考える選手は…
名将ネルシーニョを上回った尹晶煥の采配――神戸対C大阪のピッチで、いったい何が起きていたのか
【ルヴァン杯】神戸が首位通過で8強入り!2位・C大阪と、横浜との直接対決を制した3位・広島がプレーオフへ
【CL決勝|採点&寸評】C・ロナウドはまさに千両役者! 一方でディバラとイグアインは…
メッシの「史上初の快挙」、C・ロナウドに阻まれる…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ