【J1採点&寸評】清水×鳥栖|輝きを放ったのは好調アタッカーの両雄。MOMは同点弾演出の7番

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月14日

清水――序盤の良いリズムを継続できず……。

【警告】清水=六平(72分)、角田(90+6分) 鳥栖=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鎌田大地(鳥栖)

画像を見る

J1・11節]清水1-1鳥栖/514日/アイスタ

【チーム採点・寸評】
清水 5
先制後はミスが増えてリズムを崩し、パスをつないで自分たちの時間を作ることができないまま。最後は耐えきれずにホーム初勝利を逃した。
 
 
【清水|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 6
個人としては2つの決定機を防ぐなど好内容。ただ、先制後に守勢に回ってしまったチームを立て直すことはできず。
 
DF
5 鎌田翔雅 5.5
守備での1対1の対応はとくに破綻なかったが、攻撃の組み立てには貢献できず、自身の攻撃参加も少なかった。
 
3 犬飼智也 5.5(71分 OUT)
ロングボールを確実に跳ね返してラインの高さを保ったが、危険なミスも。71分に膝を痛めて負傷交代。
 
26 二見宏志 5.5
空中戦や1対1では持ち味を発揮したが、危険なイージーミスもあり、ビルドアップ面は不満な内容。
 
25 松原 后 5
右足首を傷めながら強行出場したためやむをえないが、調整不足で運動量が低下し、最後の失点シーンも甘い対応に。
 
MF
7 六平光成 5
前に向かう意識はあったが、パスミスや判断の遅れが目立ってチームのリズムを狂わせ、守勢に回る要因のひとつを作った。
 
20 竹内 涼 5.5
守備のカバーリングは忠実だったが、パスの中継役となって自分たちの時間を作る面では、期待された働きができず。
 
22 枝村匠馬 5.5(84分 OUT)
序盤は攻撃によく絡んだが、チャンスは生かせず、先制後はチーム全体が守勢に回って守備に追われた。
 
10 白崎凌兵 5.5
中盤ではボールが来る回数が少なく、ゴール前では何度か決定機に近い場面があったが、ものにできなかった。
 
【関連記事】
清水が土壇場で追いつかれ痛恨ドロー…鳥栖は水野の同点弾で勝点1獲得!
【清水】「俺は思い上がっていた…」富山での意識改革から清水の新10番へ。白崎凌兵の進化は終わらない
大前の移籍後初ゴールで大宮が逆転勝利。監督の進退問題はひとまず回避か
【G大阪】ガンバ最強助っ人はいったい誰? 遠藤保仁の回答が超意外だった
ルーニーがカジノで大損…たった2時間でドブに捨てた驚きの金額は!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ